VirtualBox 7.0をインストールしました!(PowerShell、Python)

VirtualBox 7.0が公開されたので、Tera-Termをインストール済みのWindows11にインストールします。
このブログ記事は、備忘録なので、動作を保証するものではなく、行う場合は自己責任で行ってください。

スクリプト言語「Python」もインストールするために、予めWindows PowerShellを、PowerShell 7にアップデートしました。
VirtualBox 7.0は、スクリプト言語「Python」で「VirtualBox」をコントロールすることも可能になったそうなので、スクリプト言語「Python」もインストールしました。

構成図

使用したソフトウェアのバージョンは、以下の通りです。

Windows11 Pro(64ビット版) バージョン 21H2(OSビルド 22000.1219)
VirtualBox 7.0.2
Tera Term 4.106

ノートPCのスペック

CPU AMD Ryzen 7 5700U with Radeon Graphics(1.8GHz、8コア、16スレッド)
メモリー 64GB
ディスク1 512GB
ディスク2 2TB
液晶サイズ 15.6インチ
OS Windows11 Pro(64ビット版)
オフィス製品 Office Home and Business 2021

無線LANに対応しています。

各スペックについて説明します。
CPUは、8コア、16スレッド以上が良いです。
VirtualBox上で、Linuxを起動するには、2コア、4スレッドを使用するからです。
2台のLinuxを同時に、立ち上げると、4コア、8スレッドを使用するからです。

メモリーは、32GB以上は必要です。
VirtualBox上で、Linuxを起動するには、8GBのメモリーが必要になるからです。
2台のLinuxを同時に、立ち上げると、16GBのメモリーが必要になるからです。

ディスクは、CドライブにSSDで、最低512GB以上は必要です。
VirtualBoxを使用し、仮想マシンを多数用意するとディスクはすぐに不足するからです。
ハードディスクは、重いですし、五月蠅いですし、ノートPCを落とした場合に壊れる可能性が高いので、避けた方が良いです。

OSは、Windows 11 Proを使用しています。
MacにもVirtualBoxをインストールすることはできるので、Macでも問題はないです。

理由は分かりませんが、VirtualBox 6をインストールし、CentOS 8をゲストOSとして使用ししたが、遅すぎて、使えませんでした。
Windows11もいろいろを改良されていますし、VirtualBox 7.0がリリースされたということで、再び挑戦します。

PowerShell 7

PowerShell 7のインストーラーのダウンロード

「Windows PowerShell」を起動すると、以下のように、「新機能と改善のために最新のPowerShellをインストールしてください!」と表示されます。

PowerShell上でCtrlを押しながらクリックするとブラウザが開きます。

開いたブラウザの「PowerShell 7のインストール」の「MSI パッケージを使用して PowerShell を展開する」のリンクをクリックします。

新しく開いたwebページの「MSI パッケージのインストール」からPowerShell-7.2.6-win-x64.msiをダウンロードします。

PowerShell-7.2.6-win-x64.msiをダウンロードしました。

PowerShell 7のインストーラーの実行

PowerShell-7.2.6-win-x64.msiをダブルクリックして、実行します。

セットアップ画面が表示されるので、「Next」をクリックします。

インストール先フォルダーの設定が表示さるので、デフォルト設定のまま、「Next」をクリックします。

インストールの設定画面が表示さるので、インストール時に以下の項目にチェックを入れ、「Next」をクリックします。

  1. Add PowerShell to Path Environment Variable(チェックが入っていました)
  2. Register Windows Event Logging Manifest Windows(チェックが入っていました)
  3. Add ‘Open here’ context menus to Explrer
  4. Add ‘Run with PowerShell 7 context menu’ for PowerShell files

インストール時に以下の項目にチェックを入れませんでした。

  1. Enable PowerShell remoting

インストールの設定画面が表示さるので、デフォルト設定のまま、「Next」をクリックします。

  1. Enable updating PowerShell through Microsoft Update or WSUS(チェックが入っていました)
  2. Use Microsoft Update when I check for updates(チェックが入っていました)

インストールの開始確認画面が表示されるので、「Install」をクリックして、インストールを開始します。

インストールの完了画面が表示されるので、「Finish」をクリックします。

PCを再起動しました。
PowerShell 7が利用できるようになりました。

Python

Pythonパッケージのダウンロード

Python公式サイトのダウンロードページは英語なので、日本語に翻訳し、ダウンロードをクリックし、「Windows」を選択します。

分かりにくいですが、以下のように、「Python 3.11.0はWindows7以前では使用できないことに注意してください」の中から「Windowsインストーラーのダウンロード(64ビット)」をダウンロードします。

「Python-3.11.0-amd64.exe」をダウンロードしました。

Pythonパッケージのインストール

ダウンロードしたパッケージをダブルクリックして実行します。

下にある「Add Python 3.x to PATH”」にチェックを入れてから、「Install now」をクリックしてインストールします。

インストールの完了画面が表示されるので、「Close」をクリックします。

Pythonの実行

スタートボタンをクリックし、Windowsツールの「コマンド プロンプト」を実行します。
コマンドプロンプトが表示されます。
「python」と入力してエンターキーを押すと Python が起動します。
「print(‘Hello Python’)」と入力してエンターキーを押すと、「Hello Python」と表示されます。
「exit()」と入力してエンターキーを押すと Python が終了します。

PowerShell 7の環境設定

スタートメニューで「PowerShell 7」を起動し、「Set-ExecutionPolicy RemoteSigned -Scope CurrentUser -Force」のコマンドを実行します。

VirtualBox 7.0

VirtualBox 7.0インストーラーのダウンロード

VirtualBoxの公式サイトから、「Download VirtualBox 7.0」をダブルクリックします。

「ウィンドウ・ホスト」をダブルクリックしてダウンロードをします。

「VirtualBox-7.0.2-154219-Win.exe」というファイルがダウンロードされました。

VirtualBox 7.0インストーラーの実行

ダウンロードしたインストーラー「VirtualBox-7.0.2-154219-Win.exe」をダブルクリックして、実行します。

セットアップ画面が表示されるので、「Next」をクリックします。

インストールの設定画面が表示さるので、デフォルト設定のまま、「Next」をクリックします。

インストールの際、一時的にネットワーク接続が解除されるという旨の警告が表示されるので、インターネットに接続しているウィンドウは閉じて、「Yes」をクリックして、インストールを続行します。

Pythonがインストールされていないという旨の警告が表示されますが、「yes」をクリックして、インストールを続行します。

Pythonをインストールしたのですが、警告されました。

インストールの開始確認画面が表示されるので、「Install」をクリックして、インストールを開始します。

インストールの完了画面が表示されるので、「Finish」をクリックします。

VirtualBox 7.0が起動しました。

Pythonがインストールされていないという旨の警告が表示されないようにするには、以下のようにすうると良いという情報をインターネットで見つけたので、行ってみました。
スタートボタンをクリックし、Windowsツールの「コマンド プロンプト」を実行します。
コマンドプロンプトが表示されます。
「pip install pywin32」を実行します。
「python.exe -m pip install –upgrade pip」も実行しました。

まとめ

Windows11のセットアップに関するブログ記事がよく読まれています。
IT業界で働いていたので、ITには知識があり、新しい技術でも学習することで、対応できます。
ITに関するブログ記事も充実させていきます。

この環境があれば、Linuxを学習し、「LPIC-1」と「LinuC-1」に合格することができる環境が整うことになります。
この環境があれば、LAMP環境を構築し、WordPressをインストールして、ブログを書き始めるきっかけにもなるでしょう。

2台の仮想マシンを接続し、サーバー&クライアント環境を構築すれば、Linuxを学習し、「LPIC-2」、「LinuC-2」と「Red Hat 認定システム管理者 (RHCSA)」に合格することができる環境が整うことになります。

2台の仮想マシンを接続し、OpenStackをインストールすれば、OpenStackを学習し、「OPCEL」に合格することができる環境が整うことになります。

2台の仮想マシンを接続し、Red Hat OpenStack Platformをインストールすれば、OpenStackを学習し、「Red Hat 認定スペシャリスト試験 – Cloud Infrastructure –」に合格することができる環境が整うことになります。

Pythonをインストールしたので、「Eclipse」をインストールして、Pythonの統合開発環境を整えて、Pythonを学習し、「Python 3 エンジニア認定基礎試験」に合格することができる環境が整うことになります。

ITエンジニアになるには、色々な技術と英語の能力は必須です。
社会人になってから、資格取得の勉強は大変です。
学生のうちに、資格試験に挑戦し、取得することで、自分の適性を判断することもできます。
IT業界に就職するなら、履歴書に書くことができ、就職活動で有利になるはずです。
若い人は、約30~40年もの間、ITスキルから避けて、働くことは難しいのではとも思います。

IT業界には向いていなくても、IT業界に就職しなくても、社会人になればITと英語とは無縁ではいられないので、知っておいて損はないです。

次は、VirtualBox 7.0にゲストOSとしてCentOS Stream 9をインストールして、ブログ記事にする予定です。
ご期待ください。

面白いと思った方は、クリックして、応援してね!
にほんブログ村 シニア日記ブログへ   にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ