映画「プライベート・ライアン」~あらすじ【ネタばれ有り】と感想

1944年6月6日、米国とイギリスは、100万人を超える兵士で、ノルマンディー上陸作戦を行い、1日で上陸を果たしました。
ノルマンディー上陸作戦から80年も経過しました。
ノルマンディー上陸作戦を背景とした映画「プライベート・ライアン」を鑑賞することにしました。
午前10時の映画祭14でも、公開予定です。

基本情報・スタッフ

監督    スティーヴン・スピルバーグ
脚本    ロバート・ロダット
製作    イアン・ブライス、マーク・ゴードン、ゲイリー・レヴィンソン、スティーヴン・スピルバーグ
音楽    ジョン・ウィリアムズ
撮影    ヤヌス・カミンスキー
美術    トーマス・E・サンダース
衣装    ジョアンナ・ジョンストン
編集    マイケル・カーン
製作会社  パラマウント映画、アンブリン・エンターテインメント、ドリームワークス、マーク・ゴードン・プロダクションズ
配給    UIP
公開    1998年9月26日
上映時間  170分
映倫区分  –

予告動画

主題歌

場所

ノルマンディー米軍英霊墓地とオハマ・ビーチで、ショーン・ライアンが戦死したとされるところです。

第二次世界大戦においてヨーロッパ戦線で戦死した米軍兵士を祀る墓地及び同英霊への顕彰施設です。
ノルマンディー上陸作戦で連合国が上陸した海岸であるオマハ・ビーチとイギリス海峡が見渡せる断崖の上に位置しています。

ユタ・ビーチで、ピーター・ライアンが戦死したとされるところです。

ニューギニアで、ダニエル・ライアンが戦死したとされるところです。

ヌーヴィル村で、第101空挺師団が降下し、ジェームズ・フランシス・ライアン二等兵も降下したとされる場所です。

アイオア州のペイトンで、ジェームズ・フランシス・ライアン二等兵の家があり、母親が住んでいるところです。

イギリス軍が奪還に手間取っているとされるカーンです。

カーンの次に奪還するとされるヴァローニユです。

ヴァローニユの次に奪還するとされるシェルブールです。

シェルブールの次に奪還するとされるパリです。

パリの次に奪還するとされるドイツの首都のベルリンです。

ジョン・H・ミラー中隊長が乗船した英国のポーツマスです。

司令部は、ノルマンディー上陸作戦の間、ポーツマスの北側にあるサウスウィックハウスにあり、連合国遠征軍最高司令部最高司令官として任命されたドワイト・アイゼンハワー米国陸軍大将もいました。

ジョン・H・ミラー中隊長の故郷のペンシルベニア州です。

ジェームズ・フランシス・ライアンの故郷のアイオワ州です。

ジェームズ・フレデリック・ライアン二等兵の故郷のミネソタ州です。

第101空挺師団のジェームズ・フランシス・ライアン二等兵がいるとされるラメルは、メルデレ川にかかる橋があるとされる架空の村です。

あらすじ

「SAVING PRIVATE RYAN」とタイトルが表視されます。
星条旗がはためきます。
年老いたジェームズ・フランシス・ライアンは、家族とジャーナリストを連れて、星条旗とフランス国旗を見上げ、ノルマンディー米軍英霊墓地に入り、泣き崩れます。

1944年6月6日、ノルマンディ上陸作戦の日に戻り、オハマ・ビーチのドック・グリーン区の海上の上陸艇に場面が変わります。
ジョン・H・ミラー中隊長は、震える手で、水筒を掴み、水を飲みます。
上陸艇の総舵手が、「上陸用意、30秒前!神のご加護を!」と声がかけられます。
ジョン・H・ミラー中隊長は、部下に「左舷用意!右舷用意!迫撃砲の実弾穴に注意。もたもたするな、砲弾穴に落ちるなよ」と注意します。
マイケル・ホーヴァス一等軍曹は、部下に「上陸したら、散開だ。5人が固まれば、いい的だが、1人なら弾の無駄だ。いいな」と注意します。
ジョン・H・ミラー中隊長は、部下に「銃に砂が入らないように常に注意を怠るな。では、海岸でまた会おう」と注意します。
迫撃砲が飛んできます。
ダニエル・ジャクソン二等兵は、十字架にキスをして「神よ、守り給え。神よ、守り給え」とお祈りします。
ジョン・H・ミラー中隊長は、部下に「飛び込め!左舷隊、右舷隊、散開!全隊、飛び込め」と命令します。
米軍兵士は、次々と銃殺され、装備が重いので、海の中に沈んでいき、装備を外しますが、銃撃を受けて死に、息が続かず、水死します。
米軍兵士は、機関銃で銃撃を受けながら、砂浜に向かって歩き始めます。
ジョン・H・ミラー中隊長は、部下に「続け!続け!進め」と命令します。
米軍兵士は、海岸に上陸し始めます。
上陸した米軍兵士は、迫撃砲で攻撃されます。
ジョン・H・ミラー中隊長は、海岸に上陸しますが、悲惨な光景を目の当たりにして、迫撃砲の影響で、意識が遠のきます。
火炎放射器を持った兵士に火が付き炎上します。
マイケル・ホーヴァス一等軍曹は、ジョン・H・ミラー中隊長に「ミラー中隊長!ミラー中隊長!」と声をかけます。
意識を取り戻したジョン・H・ミラー中隊長は、マイケル・ホーヴァス一等軍曹に「皆を連れて、斜面に上がれ、行け」と命令します。
マイケル・ホーヴァス一等軍曹は、部下に「いいか、みんな!おれのケツに付いて来い!以上」と命令します。
ジョン・H・ミラー中隊長は、部下に「とにかく、斜面へ行け。進め。進め。敵の砲台の下へ入れ。後続隊のために、場所を空けるんだ。海上はどこも全部、敵が照準を付けている。ここに残っていたら、命はないぞ」と命令します。
ジョン・H・ミラー中隊長は、敵の砲台の下にある斜面を目指して、前進します。
ジョン・H・ミラー中隊長は、敵の砲台の下の斜面にたどり着き、通信兵に「通信しろ、”わが軍の戦車は1台も上がらず、海岸突破口は未だに開けず、D地区の上陸ルートは確保できず”」と司令部に報告させます。
マイケル・ホーヴァス一等軍曹は、ジョン・H・ミラー中隊長に「集合地点のはずですが、我々だけです。みんなバラバラになっています」と報告します。
ジョン・H・ミラー中隊長は、通信兵に「司令部に連絡、”上陸部隊より第一波成功せず、海岸の確保ならず”繰り返す、”海岸の確保ならず”」と司令部に報告させます。
通信兵は死に絶え、通信機器も壊れています。
リチャード・ライベン一等兵、スタンリー・メリッシュ二等兵とエイドリアン・カパーゾ二等兵は、マイケル・ホーヴァス一等軍曹に敵の砲台の下の斜面にたどり着いたことを報告します。
アーウィン・ウェイド四等衛生兵は、大隊付き軍医のディフォレストに応急処置をして、止血に成功し、助かると思ったら、銃弾が頭部を貫通します。
大隊付き軍医のディフォレストは、戦死します。
ジョン・H・ミラー中隊長の命令で、スタンリー・メリッシュ二等兵は、アーウィン・ウェイド四等衛生兵を連れてきます。
ジョン・H・ミラー中隊長とマイケル・ホーヴァス一等軍曹は、部下に「武器と弾薬を集めろ、使えるやつをありったけ集めるぞ」と命令します。
リチャード・ライベン一等兵は、上陸の際に、溺れかけたので、小銃を捨てたので、代わりに、US M1918軽機関銃を海岸で拾い、使用します。
ジョン・H・ミラー中隊長は、部下に爆薬筒を持ってこさせて、爆薬筒を前へ出させて、斜面の上にある鉄条門を爆破します。
ダニエル・ジャクソン二等兵は、マイケル・ホーヴァス一等軍曹に敵の砲台の下の斜面にたどり着いたことを報告します。
マイケル・ホーヴァス一等軍曹は、部下に「鉄条門は、爆破した。一挙に突っ込め」と命令します。
ジョン・H・ミラー中隊長、マイケル・ホーヴァス一等軍曹とスタンリー・メリッシュ二等兵は、敵の砲台にたどり着きます。
ジョン・H・ミラー中隊長は、USトンプソンM1A1を手にします。
ジョン・H・ミラー中隊長は、スタンリー・メリッシュ二等兵の銃剣にガムで鏡を固定し、外の様子を確認します。
ジョン・H・ミラー中隊長は、部下に「MD42機関銃2、迫撃砲2門、距離20メートル」と伝えます。
マイケル・ホーヴァス軍曹は、戦車が上陸できていれば、攻撃するには絶好の位置なのにと残念がります。
ジョン・H・ミラー中隊長は、前進するために、援護射撃をして、部下を前へ送り出します。
米軍兵士は、ドイツ軍の機関銃の銃撃を受けて、前に進むことができません。
ジョン・H・ミラー中隊長は、ダニエル・ジャクソン二等兵に機関銃陣地からは陰になって、撃たれない窪みまで前進し、ドイツ軍を仕留めるように命令します。
ジョン・H・ミラー中隊長は、援護射撃をして、ダニエル・ジャクソン二等兵に「行け」と命令します。
ダニエル・ジャクソン二等兵は、窪みまで前進し、「主よ、どうか我をお守り給え。主よ、私の罪をお許し下さい。私の罪をお許し下さい。あなたに背いたことをお許しください。あなたに背いたことを赦し給え。主よ、我に力を与え給え」と言って、機銃手を狙撃し、ドイツ軍の陣地を破壊します。
ジョン・H・ミラー中隊長とマイケル・ホーヴァス一等軍曹は、部下にD1ルートを登れと命令します。
米国兵士は、D1ルートを登っていきます。
ジョン・H・ミラー中隊長は、ドイツ軍兵士を敗走させ、ドイツ軍の砲台を破壊し、焼き尽くします。
マイケル・ホーヴァス一等軍曹は、部下に「撃ち方、止め」と命令します。
ジョン・H・ミラー中隊長は、通信機を使用して「こちらC隊、繰り返すこちらC中隊、D1突破口を開いた。ブルドーザーを連れて来てくれ。他の部隊と連携するため待機する。以上」と司令部に報告します。
エイドリアン・カパーゾ二等兵は、スタンリー・メリッシュ二等兵にヒトラー・ユーゲントのナイフを手渡します。
スタンリー・メリッシュ二等兵は「こいつで、ユダヤのパンを切ろう」と言って、泣き崩れます。
マイケル・ホーヴァス一等軍曹は、「フランス」と書かれた缶に土を入れます。
マイケル・ホーヴァス一等軍曹は、他に「イタリア」「アフリカ」と書かれた缶も持っています。
ジョン・H・ミラー中隊長は、震える手で、水筒を掴み、水を飲みます。
ジョン・H・ミラー中隊長とマイケル・ホーヴァス一等軍曹は、オハマ・ビーチを見て、すごい眺めだと言います。
海岸は、米国兵士の血で赤く染まり、死体で埋め尽くされています。
ショーン・ライアンは、オマハ・ビーチで戦死しました。

米国にある死亡した兵士の遺族に弔意を伝える部署で、女性たちが遺族に弔意を伝える電報をタイプしています。
一人の女性が何かに気が付き、手紙を持ち、立ち上がり、3枚の電報を手にして、上官に報告します。
報告を受けた上官は、さらに上の大佐に、ノルマンディ上陸作戦のオマハ・ビーチでショーン・ライアンが戦死し、ユタ・ビーチでピーター・ライアンが戦死し、先週ニューギニアでダニエル・ライアンが戦死し、母親に3人の兄弟の戦死を伝える電報が3通届くと報告します。
ジョージ・マーシャル米国軍参謀長官は、大佐から報告を受けて、遠い昔、アブラハム・リンカーンがボストンのビクスビー夫人宛てに書かれた古い手紙を取り出して、読み上げ、ジェームズ・フランシス・ライアン二等兵を戦地から連れ戻すために、救出隊を出して、捜し出すように命令します。

ライアン兄弟の母親は、犬の声で、近づいて来るビュイックスーパーに気が付き、不安になり、ドアを開け、ビュイックスーパーが止まり、軍人と神父が下りてくると、腰が抜けて、へたりこみます。

1944年6月9日、オハマ・ビーチ Dデイから3日目になります。
ジョン・H・ミラー中隊長は、前線指揮所にやって来ます。
ウォルター・アンダーソン中佐は、ジョン・H・ミラー中隊長に「空輸部隊がルートを確保するはずだったが、誤って隊員をチリジリにばらまいちまったよ」と状況を説明します。
ジョン・H・ミラー中隊長は、ウォルター・アンダーソン中佐に現状の詳細を報告します。
ウォルター・アンダーソン中佐は、ジョン・H・ミラー中隊長を褒めて、トップからの直接指令で、ヌーヴィル村付近に降下したジェームズ・フランシス・ライアン二等兵を探し出し、戦地から連れ戻すという新しい任務を与えます。
ジョン・H・ミラー中隊長は、マイケル・ホーヴァス一等軍曹に新しい任務を説明し、新しい任務のために、ダニエル・ジャクソン二等兵、アーウィン・ウェイド四等衛生兵、エイドリアン・カパーゾ二等兵、スタンリー・メリッシュ二等兵とリチャード・ライベン一等兵を海岸の駐車場に集めさせます。
マイケル・ホーヴァス一等軍曹は、海岸の駐車場に集めたダニエル・ジャクソン二等兵、アーウィン・ウェイド四等衛生兵、エイドリアン・カパーゾ二等兵、スタンリー・メリッシュ二等兵とリチャード・ライベン一等兵に新しい任務を説明します。
ジョン・H・ミラー中隊長は、フランス語とドイツ語が話せる通訳としてティモシー・アパム五等技能兵を任務に加えます。
ティモシー・アパム五等技能兵は、基礎訓練の時に銃を撃っただけで、翻訳と地図作成しただけで実戦経験はなく、ドイツ軍のヘルメットとタイプライターを持って行こうとします。
ジョン・H・ミラー中隊長は、ティモシー・アパム五等技能兵に米軍のヘルメットを持つように指摘し、小さな鉛筆を渡します。

ジョン・H・ミラー中隊長、マイケル・ホーヴァス一等軍曹、アーウィン・ウェイド四等衛生兵、ティモシー・アパム五等技能兵、リチャード・ライベン一等兵、ダニエル・ジャクソン二等兵、エイドリアン・カパーゾ二等兵とスタンリー・メリッシュ二等兵という8人の兵士が草原を進んでいきます。
ティモシー・アパム五等技能兵は、戦場で兵士の間に生まれる友情の話という本を書きたいと思っていて、他の兵士に話しかけます。
リチャード・ライベン一等兵は、一人を助けるために八人が命を懸ける任務について、理解できないと言います。
ティモシー・アパム五等技能兵は、「理由は問わず、ただ、死すのみ」という兵士の心構えで答えますが、「フーバー」という単語は理解できません。
ダニエル・ジャクソン二等兵は、ヒトラーを狙える距離においてくれたら、こんな戦争、一発で終わらせて見せますよと言います。
ジョン・H・ミラー中隊長は、「これは実に素晴らしい崇高な任務であると考えます。全力で、任務に遂行にあたらせていただきます。ジェームズ・ライアン二等兵の母親の気持ちを思えば、私や部下の命など惜しくはありません」とぼやいて見せます。

雨が降って、銃声の音が聞こえ、豪雨になり、雷がなり、ジョン・H・ミラー中隊長たちは村に向かって走り、村に到着します。
マイケル・ホーヴァス一等軍曹は、「雷鳴」という合言葉を言います。
ウィリアム・ヒル軍曹は、「稲妻」という合言葉で答えます。
ジョン・H・ミラー中隊長は、ウィリアム・ヒル軍曹に援軍ではなく、ジェームズ・ライアン二等兵を捜しに来たと言います。
ウィリアム・ヒル軍曹は、伝令を使用して、ジェームズ・ライアン二等兵を捜させようとします。
伝令は、ドイツ兵にハチの巣にされます。
エイドリアン・カパーゾ二等兵は、伝令をハチの巣にするドイツ兵に文句を言います。
アーウィン・ウェイド四等衛生兵は、負傷兵の診ることになります。
ジョン・H・ミラー中隊長は、ウィリアム・ヒル軍曹に村の様子を聞き、リチャード・ライベン一等兵とエイドリアン・カパーゾ二等兵に先導させ、村の反対側に移動することにします。
ティモシー・アパム五等技能兵は、マイケル・ホーヴァス一等軍曹の後ろに付いて行き、ジョン・H・ミラー中隊長について質問すると、ジョン・H・ミラー中隊長の出身には1口5ドルで、総額300ドルの賞金が賭けられていることを知ります。
ジョン・H・ミラー中隊長たちは、フランス人家族に出会い、ティモシー・アパム五等技能兵が通訳を行い、ドイツ軍の場所を聞こうとしますが、子供を預かって欲しいと言われます。
エイドリアン・カパーゾ二等兵は、子供を預かると言って、子供を受け取ります。
ジョン・H・ミラー中隊長は、エイドリアン・カパーゾ二等兵にフランス人家族に子供を返すように命令します。
マイケル・ホーヴァス一等軍曹は、エイドリアン・カパーゾ二等兵から子供を奪い取ります。
エイドリアン・カパーゾ二等兵は、狙撃され、倒れます。
ダニエル・ジャクソン二等兵は、銃声が聞こえる前にエイドリアン・カパーゾ二等兵が倒れたので、距離は400m、狙撃手の場所は鐘楼の上で、狙撃手の腕は良いと判断します。
ジョン・H・ミラー中隊長は、エイドリアン・カパーゾ二等兵を励まします。
アーウィン・ウェイド四等衛生兵は、エイドリアン・カパーゾ二等兵に動かないように言います。
エイドリアン・カパーゾ二等兵は、父親に送る手紙に血が付いたので、手紙を書き写して、送ってくれと言います。
ダニエル・ジャクソン二等兵は、ドイツ軍の狙撃手を倒します。
エイドリアン・カパーゾ二等兵は、亡くなります。
ジョン・H・ミラー中隊長は、エイドリアン・カパーゾ二等兵の認識票を預かります。
マイケル・ホーヴァス一等軍曹は、エイドリアン・カパーゾ二等兵の弾薬をチェックします。
ダニエル・ジャクソン二等兵とスタンリー・メリッシュ二等兵は、ドイツ軍の狙撃手がいた鐘楼を調べます。
アーウィン・ウェイド四等衛生兵は、エイドリアン・カパーゾ二等兵の手紙を受け取り、エイドリアン・カパーゾ二等兵に布を被せます。
リチャード・ライベン一等兵は、「クソ、ライアンめ」とつぶやきます。

ジョン・H・ミラー中隊長たちは、小休憩しているときに壁が崩れ、ドイツ兵と小銃を持って対峙し、背後から現れた米国兵士たちに助けられます。
ジョン・H・ミラー中隊長は、フレッド・ハミル大尉に会い、ジェームズ・フレデリック・ライアン二等兵を紹介されます。
ジョン・H・ミラー中隊長は、ジェームズ・フレデリック・ライアン二等兵に兄弟が戦死したことを告げます。
ジェームズ・フレデリック・ライアン二等兵は、小学生の兄弟が戦死することはあり得ないと言って、泣き崩れます。
ジョン・H・ミラー中隊長は、ジェームズ・フランシス・ライアン二等兵ではないことに気が付きます。
ジョン・H・ミラー中隊長は、フレッド・ハミル大尉から第101空挺師団第506空挺歩兵連隊のC中隊に所属する人を紹介され、集合地点を教えてもらいます。
ジョン・H・ミラー中隊長は、フレッド・ハミル大尉と戦況について話し合い、日が暮れるまで休憩する教会を教えてもらいます。

ジョン・H・ミラー中隊長は、教会の中で、マイケル・ホーヴァス一等軍曹と昔話をして、楽しみ、少し寝るように言います。
アーウィン・ウェイド四等衛生兵は、エイドリアン・カパーゾ二等兵の手紙を書き写しています。
ダニエル・ジャクソン二等兵は、寝ています。
リチャード・ライベン一等兵、スタンリー・メリッシュ二等兵とティモシー・アパム五等技能兵は、話をしています。
アーウィン・ウェイド四等衛生兵も話に加わります。
ジョン・H・ミラー中隊長は、アーウィン・ウェイド四等衛生兵、リチャード・ライベン一等兵、スタンリー・メリッシュ二等兵とティモシー・アパム五等技能兵に少し寝るように言います。
ティモシー・E・アパム五等技能兵は、ジョン・H・ミラー中隊長に話しかけ、出身を質問します。
ジョン・H・ミラー中隊長は、ティモシー・アパム五等技能兵に賞金が500ドルになったら、出身を教えて、賞金を山分けすることにします。

ジョン・H・ミラー中隊長たちは、夜の戦火の中を進んでいきます。
ジョン・H・ミラー中隊長たちは、飛行機が墜落し、多数の負傷兵に遭遇します。
アーウィン・ウェイド四等衛生兵は、負傷兵の手当てを行います。
ジョン・H・ミラー中隊長は、デウィンド中尉に会い、ジェームズ・フランシス・ライアン二等兵について質問します。
デウィンド中尉は、ジョン・H・ミラー中隊長に兵士の出入りが激しい混成部隊なので分からないと答えます。
ジョン・H・ミラー中隊長は、ティモシー・アパム五等技能兵にジェームズ・フランシス・ライアン二等兵を捜させます。
アーウィン・ウェイド四等衛生兵は、リチャード・ライベン一等兵に負傷兵の傷の匂いを嗅がせ、チーズの匂いがするかと質問します。
リチャード・ライベン一等兵は、アーウィン・ウェイド四等衛生兵にうなずき、傷が腐敗していることに気が付きます。
スタンリー・メリッシュ二等兵は、ドイツ人捕虜に「ユダヤ人、ユダヤ人、ほれ見ろ、分かるか、ユダヤ人」と言います。
デウィンド中尉は、ジョン・H・ミラー中隊長たちにアメンド准将を地上砲火から守るために機体に鉄板を張り、重量オーバーで、機体が平衡を保てなくて、輸送機から切り離されて、何とか高度を上げようと、必死にもがいたんですが、失速して、草が濡れている下向き斜面に墜落し、22人が戦死したと説明します。
ジョン・H・ミラー中隊長たちは、フーバーだと言います。
ティモシー・アパム五等技能兵は、フーバーという言葉の意味が理解できません。
デウィンド中尉は、ジョン・H・ミラー中隊長に死体から外した認識票を渡します。
ダニエル・ジャクソン二等兵、リチャード・ライベン一等兵とスタンリー・メリッシュ二等兵は、認識票の中にジェームズ・フランシス・ライアン二等兵がいないかを確認します。
横を歩く空挺兵が、この様子を見ます。
アーウィン・ウェイド四等衛生兵は、認識票を片付けさせます。
ジョン・H・ミラー中隊長は、大声で「ライアン、誰か101空挺師団のライアン二等兵を知らないか?アイオワ出身のジェームズ・ライアンだ。誰か知らないか?ジェームズ・ライアン」と言って見ます。
横を歩く空挺兵が、C中隊のマイケルソンの友達だと気づき、マイケルソンを呼んできます。
マイケルソンは、近くで手榴弾の爆発があり、耳が聞こえにくいです。
ジョン・H・ミラー中隊長は、筆談で、マイケルソンと会話することにします。
ティモシー・アパム五等技能兵は、ジョン・H・ミラー中隊長に小さな鉛筆を渡します。
マイケルソンは、ジョン・H・ミラー中隊長にラメルへ行く兵士を募っている部隊にジェームズ・フランシス・ライアン二等兵が参加したことを教えます。
ジョン・H・ミラー中隊長は、部下たちを集め、「ラメルか。現在位置はここだ。ラメルは、メルデル川沿いだから、ここからは南西の方角だ。パリ奪還のために、港町であるシェルブールを確保したい。ドイツ軍としては、メルデル川を越えて、戦車を送り込み、シェルブールに向かう連合軍を側面から攻撃する作戦をとって来る。だから、奴らにとっては、無傷の橋は、大切なお宝と言うわけだ。出発だ」と言います。

ジョン・H・ミラー中隊長たちは、ラメルに向かって歩いています。
アーウィン・ウェイド四等衛生兵は、空挺兵の死体に気が付き、狙撃兵を警戒します。
ジョン・H・ミラー中隊長は、使用不能のレーダー基地の下の掩蔽壕の中にあるMG42機関銃を見つけます。
ダニエル・ジャクソン二等兵は、ジェームズ・フランシス・ライアン二等兵が死体の中にいるかもと言います。
ジョン・H・ミラー中隊長は、死体の記章から第82空挺師団で、ジェームズ・フランシス・ライアン二等兵はいないと言い返します。
リチャード・ライベン一等兵は、ドイツ兵が気付く前に、迂回して、先へ進みましょうと提案します。
ジョン・H・ミラー中隊長は、迂回はしないと答えます。
ダニエル・ジャクソン二等兵は、88mm砲を迂回してきたことを指摘します。
ジョン・H・ミラー中隊長は、航空隊が88mm砲を破壊するが、MG42機関銃を破壊することはないと答えます。
スタンリー・メリッシュ二等兵は、MG42機関銃を破壊することは任務ではないので、迂回しようと言います。
ジョン・H・ミラー中隊長は、戦争に勝つとこが任務だと言い、迂回はせずに、MG42機関銃を破壊することにします。
リチャード・ライベン一等兵は、気が進まず、嫌な予感がすると言います。
ジョン・H・ミラー中隊長は、気が進む任務などないと言い返します。
ジョン・H・ミラー中隊長は、一人でレーダー基地に向かいます。
その後、部下も付いて来ます。
ジョン・H・ミラー中隊長は、スタンリー・メリッシュ二等兵が右側から、リチャード・ライベン一等兵が中央から、ダニエル・ジャクソン二等兵左側から突撃して、援護射撃をして、ドイツ兵がMG42機関銃を撃った後に、銃身を交換するときに、ドイツ軍の掩蔽壕にMkII手榴弾を投げ込んでドイツ兵を攻撃すると指示します。
ティモシー・アパム五等技能兵は、後方に下げられます。
ジョン・H・ミラー中隊長は、部下に弾倉は元に着装し、手榴弾の予備も持っておけと指示します。
ジョン・H・ミラー中隊長たちは、ドイツ軍の掩蔽壕へ突撃します。
ドイツ兵は、ジョン・H・ミラー中隊長たちに反撃をします。
ティモシー・アパム五等技能兵は、牛の死体の影に隠れて、ライフルのスコープで様子を伺います。
ジョン・H・ミラー中隊長たちは、ドイツ軍の掩蔽壕へ手榴弾を投げ込みます。
ドイツ兵は、手榴弾を投げ返します。
接近戦となり、銃声が止みます。
マイケル・ホーヴァス一等軍曹は、4人のドイツ兵を倒したと喜びます。
ティモシー・アパム五等技能兵は、荷物を持って急いで行きます。
アーウィン・ウェイド四等衛生兵は、ドイツ兵に撃たれて倒れています。
アーウィン・ウェイド四等衛生兵は、傷の様子から死を悟り、モルヒネで痛みを和らげ、亡くなります。
ジョン・H・ミラー中隊長は、アーウィン・ウェイド四等衛生兵が持っているエイドリアン・カパーゾ二等兵の手紙を取り出して、ポケットに入れます。
ダニエル・ジャクソン二等兵、リチャード・ライベン一等兵とスタンリー・メリッシュ二等兵は、国防軍のドイツ兵を殴り、射殺しようとします。
ジョン・H・ミラー中隊長は、国防軍のドイツ兵にアーウィン・ウェイド四等衛生兵と第82空挺師団隊員の遺体の墓を掘らせます。
ティモシー・アパム五等技能兵は、ジョン・H・ミラー中隊長から国防軍のドイツ兵から情報を聞き出すように命令されます。
ダニエル・ジャクソン二等兵は、腕のかすり傷を消毒し、マイケル・ホーヴァス一等軍曹と周辺を警戒します。
ティモシー・アパム五等技能兵は、国防軍のドイツ兵と話します。
ジョン・H・ミラー中隊長は、国防軍のドイツ兵を連れ出して、目隠しをします。
ティモシー・アパム五等技能兵は、ジョン・H・ミラー中隊長に、国防軍のドイツ兵は降伏した捕虜であり、捕虜を殺すことは違法ですと言います。
ジョン・H・ミラー中隊長は、国防軍のドイツ兵に目隠しをしたまま1,000歩、歩いたら目隠しを外して、連合国軍に降伏するように伝えて、解放します。
リチャード・ライベン一等兵は、解放された国防軍のドイツ兵がドイツ軍に拾われたら、戦線復帰開放することになるので、国防軍のドイツ兵を開放することに納得しません。
スタンリー・メリッシュ二等兵は、リチャード・ライベン一等兵に同意し、国防軍のドイツ兵を開放することに反対します。
ダニエル・ジャクソン二等兵は、国防軍のドイツ兵を絶対に許せません。
ティモシー・アパム五等技能兵は、捕虜を射殺するのは協定で禁じられていると言い返します。
ジョン・H・ミラー中隊長は、捕虜を連れて行くことはできないし、別の隊に拾ってもらうしかないと言います。
リチャード・ライベン一等兵は、ジョン・H・ミラー中隊長がMG42機関銃を破壊することにした結果、アーウィン・ウェイド四等衛生兵は戦死し、国防軍のドイツ兵は解放されるということに納得できません。
マイケル・ホーヴァス一等軍曹は、リチャード・ライベン一等兵に口を慎めと命令します。
リチャード・ライベン一等兵は、犠牲が1人で済めば安い物か、俺達2人分の命より、ジェームズ・フランシス・ライアン二等兵の命の方がよっぽど重いのか、ジェームズ・フランシス・ライアン二等兵はどこにいるんだと反論し、任務から離れると言います。
マイケル・ホーヴァス一等軍曹は、リチャード・ライベン一等兵にUS M1911A1自動拳銃を突きつけて、任務に戻るように言います。
ダニエル・ジャクソン二等兵は、リチャード・ライベン一等兵が任務を離れたいなら、そうさせてやれと言います。
スタンリー・メリッシュ二等兵は、ジェームズ・フランシス・ライアン二等兵は死んでいて、任務を遂行する価値はないと言います。
ティモシー・アパム五等技能兵は、ジョン・H・ミラー中隊長に止めるようにお願いします。
リチャード・ライベン一等兵は、国防軍のドイツ兵を開放して、自分を殺すのかと言い返します。
ジョン・H・ミラー中隊長は、入隊前にペンシルバニアに小さなアドレーという町のエジソン高校で、11年間、国語の教師をして、野球部のコーチもしたと明かし、リチャード・ライベン一等兵に任務から離れることを認め、証明書も書くと言います。
皆は、驚きます。
ジョン・H・ミラー中隊長は、アーウィン・ウェイド四等衛生兵と第82空挺師団の兵士の遺体を埋葬します。
リチャード・ライベン一等兵は、アーウィン・ウェイド四等衛生兵と第82空挺師団の兵士の遺体を埋葬し、任務に戻ります。

ジョン・H・ミラー中隊長たちは、草原の中を歩いて進みます。
スタンリー・メリッシュ二等兵は、歌いながら歩いています。
ジョン・H・ミラー中隊長は、ドイツ軍のOT810ハーフトラックの音に気が付き、部下を地面に伏せさせます。
待ち伏せしていたフレッド・ヘンダーソン伍長、ジェームズ・フランシス・ライアン二等兵とトインビー上等兵は、ドイツ軍のOT810ハーフトラックを攻撃します。
ジョン・H・ミラー中隊長は、攻撃を受けたドイツ軍のOT810ハーフトラックに左側面から反撃し、ドイツ軍のOT810ハーフトラックの陰から出てきたドイツ兵を射殺します。
ジョン・H・ミラー中隊長たちは、フレッド・ヘンダーソン伍長、ジェームズ・フランシス・ライアン二等兵とトインビー上等兵に出会い、ジェームズ・フランシス・ライアン二等兵に驚きます。
ジョン・H・ミラー中隊長は、フレッド・ヘンダーソン伍長から状況を聞き、ジェームズ・フランシス・ライアン二等兵に兄弟が全員が戦死したことを伝え、米国陸軍参謀総長のじきじきの命令で、ジェームズ・フランシス・ライアン二等兵に米国に帰還させると命令します。
ジェームズ・フランシス・ライアン二等兵は、ジョン・H・ミラー中隊長に橋を死守せよという任務があり、メルデル川に架かっている橋はことごとく破壊し、残るはこことバローニュの二ヶ所だけなので、この橋を奪われたら連合軍は、退却を余儀なくされるので持ち場を離れることはできないと米国に帰還することを断ります。
リチャード・ライベン一等兵は、ジェームズ・フランシス・ライアン二等兵にジェームズ・フランシス・ライアン二等兵を米国に帰還させる任務のために2名が戦死していると伝えます。
ジェームズ・フランシス・ライアン二等兵は、スタンリー・メリッシュ二等兵に戦死した2名の名前を質問します。
スタンリー・メリッシュ二等兵は、ジェームズ・フランシス・ライアン二等兵にエイドリアン・カパーゾ二等兵とアーウィン・ウェイド四等衛生兵だと教えます。
ジェームズ・フランシス・ライアン二等兵は、ジョン・H・ミラー中隊長に自分だけ米国に帰国するのはおかしいと納得しません。
ジョン・H・ミラー中隊長は、ジェームズ・フランシス・ライアン二等兵に「母親に4人目の息子の戦士を伝える時にそういうか」と説得します。
ジェームズ・フランシス・ライアン二等兵は、ジョン・H・ミラー中隊長に「僕にはまだ戦場で共に戦う兄弟がいる。彼らと運命を共にする。母は、分かってくれます」と言って、説得には応じません。
ジョン・H・ミラー中隊長は、マイケル・ホーヴァス一等軍曹と相談し、ジェームズ・フランシス・ライアン二等兵たちとラメルにあるメルデレ川にかかる橋を一緒にドイツ軍から守ることにします。
ジョン・H・ミラー中隊長は、残っている武器が30口径機関銃2挺と手榴弾17発、対戦車地雷11発、バズーカ砲2門、弾は残り8発、あとは小火器、60ミリ迫撃砲もありましたが、破壊されたと説明を受けます。
ジョン・H・ミラー中隊長は、ドイツ軍は戦車で来て、側面に回り込もうとするので、戦車を正面の道に誘い込めれば、両側は建物にはさまれているし、ガレキが道を塞いでいるから、足止めでき、立ち往生した戦車を側面から攻撃でき、一気に攻撃したら、橋まで退却し、USブローニングM1917重機関銃を鐘楼の上と下で移動できるように配置し、戦車のキャタピラを”くっつき爆弾”で攻撃することにします。
ダニエル・ジャクソン二等兵とパーカーは、鐘楼の上に配置され、USブローニングM1917重機関銃を鐘楼の上に引き上げます。
ティモシー・アパム五等技能兵は、橋を見つめます。
橋にも爆弾が取り付けられます。
マイケル・ホーヴァス一等軍曹、スタンリー・メリッシュ二等兵とリチャード・ライベン一等兵は、”くっつき爆弾”を作ります。
スタンリー・メリッシュ二等兵とフレッド・ヘンダーソン伍長は、鐘楼のジャクソンと十字砲火でドイツ兵を狙えるようにUSブローニングM1917重機関銃に配置します。
地雷を道の両側に設置します。
ジョン・H・ミラー中隊長は、USブローニングM1917重機関銃に配置がいいし、撃てるだけ撃ったら、後退し、橋を渡り、アラモ砦と名付けた陣地まで後退し、橋の手前まで攻められたら、橋を爆破することにします。
ジョン・H・ミラー中隊長は、ジェームズ・フランシス・ライアン二等兵に自分の背後にいろと命じます。
スタンリー・メリッシュ二等兵とティモシー・アパム五等技能兵は、箱に入った.30-06スプリングフィールド弾を取り付けた布製給弾ベルトとMkII手榴弾を運びます。
スタンリー・メリッシュ二等兵は、ティモシー・アパム五等技能兵に作戦とフーバーという単語の意味を教えます。

ジョン・H・ミラー中隊長は、コーヒーを飲もうとしますが、コーヒーが入っていず、コーヒーを飲めません。
ジョン・H・ミラー中隊長とジェームズ・フランシス・ライアン二等兵は、エディット・ピアフの「暗い日曜日」を聴きながら、過ごします。
ダニエル・ジャクソン二等兵は、鐘楼の上から、双眼鏡で周囲を警戒します。
マイケル・ホーヴァス一等軍曹、スタンリー・メリッシュ二等兵、リチャード・ライベン一等兵とティモシー・アパム五等技能兵は、蓄音機の側でエディット・ピアフの「暗い日曜日」を聴きながら、ゆっくり過ごします。

ジョン・H・ミラー中隊長は、手の震えが止まっているのに気が付きました。
音が聞こえ、全員が配置に着きます。
鐘楼の上にいるダニエル・ジャクソン二等兵は、仕草でジョン・H・ミラー中隊長に「東から敵、見えるのはタイガー戦車2両、パンサー戦車2両、歩兵数50名あまり」と伝えます。
リチャード・ライベン一等兵は、ケッテンクラートの後部座先に後ろ向きに座り、ドイツ軍を正面の道に誘い込みに行きます。
スタンリー・メリッシュ二等兵は、機関銃に曳光弾付き銃弾を装填し、銃座の位置がドイツ兵にバレるので、頭上のスペースを確保します。
マイケル・ホーヴァス一等軍曹は、USウィンチェスターM1に弾を装填し、ティモシー・アパム五等技能兵を急がせます。
急がされたティモシー・アパム五等技能兵は、.30-06スプリングフィールド弾を取り付けた布製給弾ベルトを肩にかけて、ジョン・H・ミラー中隊長の所へ行きます。
ジョン・H・ミラー中隊長は、ティモシー・アパム五等技能兵にUSブローニングM1917重機関銃を持っているダニエル・ジャクソン二等兵かスタンリー・メリッシュ二等兵の所へ行けと命じます。
マイケル・ホーヴァス一等軍曹は、ティモシー・アパム五等技能兵にスタンリー・メリッシュ二等兵の所へ行けと命じます。
リチャード・ライベン一等兵は、US M1918BAR軽機関銃で銃撃しながら、ジョン・H・ミラー中隊長の所に戻って来ます。
ジョン・H・ミラー中隊長は、ドイツ兵士とSavm/43自走砲が直進し、側面に回り込まれると気が付きます。
鐘楼の上にいるダニエル・ジャクソン二等兵は、仕草でジョン・H・ミラー中隊長に「歩兵は左に行くぞ」と伝えます。
ジェームズ・フランシス・ライアン二等兵は、ジョン・H・ミラー中隊長に「敵、20人が乗った装甲戦闘車が通過」と言います。
ティーガーI戦車が待ち伏せしている通りに入ります。
地面がティーガーI戦車の振動で揺れます。
道の両側に仕掛けた爆弾を爆発させ、ティーガーI戦車に続く歩兵を攻撃します。
銃撃戦が始まります。
ジョン・H・ミラー中隊長は、スタンリー・メリッシュ二等兵とフレッド・ヘンダーソン伍長に退却するように命令します。
米軍兵士は、ティーガーI戦車に”くっつき爆弾”を取り付けようとして、自爆します。
ジョン・H・ミラー中隊長は、”くっつき爆弾”に点火するように命じます。
鐘楼の上にいるダニエル・ジャクソン二等兵は、仕草でジョン・H・ミラー中隊長に「右側面に歩兵30名、そっち側から突っ込んで、阻止しろ」と伝えます。
スタンリー・メリッシュ二等兵とフレッド・ヘンダーソン伍長は、USブローニングM1917重機関銃と共に場所を移動します。
ティーガーI戦車は、スタンリー・メリッシュ二等兵とフレッド・ヘンダーソン伍長のいた場所を砲撃します。
ティモシー・アパム五等技能兵は、スタンリー・メリッシュ二等兵とフレッド・ヘンダーソン伍長に続いて移動します。
スタンリー・メリッシュ二等兵、フレッド・ヘンダーソン伍長とティモシー・アパム五等技能兵は、建物の2階上がります。
スタンリー・メリッシュ二等兵は、USブローニングM1917重機関銃で壁にできた穴からドイツ兵を銃撃します。
ジョン・H・ミラー中隊長たちは、ティーガーI戦車に”くっつき爆弾”をくっつけて、伏せます。
”くっつき爆弾”は、ティーガーI戦車のキャタピラーを破壊します。
スタンリー・メリッシュ二等兵は、ティモシー・アパム五等技能兵に「アパム、弾を持ってこい早く。中隊長にここは持ちそうにないと伝えろ」と言います。
ティモシー・アパム五等技能兵は、銃弾飛び交う中、ジョン・H・ミラー中隊長の所に戻ろうとします。
米軍兵士は、マーダーⅢ自走砲の上から火炎瓶を投げます。
鐘楼の上にいるダニエル・ジャクソン二等兵は、ドイツ歩兵を次々と狙撃します。
ジョン・H・ミラー中隊長は、ジェームズ・フランシス・ライアン二等兵に「気を付けろ、戦車はまだ撃ってくるぞ。来るな、ライアン。伏せていろ」と言います。
リチャード・ライベン一等兵は、ティーガーI戦車の砲塔がライアンの方へ向かっているのに気が付き、ジェームズ・フランシス・ライアン二等兵を避難させます。
ティーガーI戦車は、ジェームズ・フランシス・ライアン二等兵がいた所を砲撃します。
ジョン・H・ミラー中隊長は、ティーガーI戦車の中にいるドイツ兵を銃撃し、ジェームズ・フランシス・ライアン二等兵とリチャード・ライベン一等兵の方に向かっていきます。
ジョン・H・ミラー中隊長たちは、ティーガーI戦車の中から出てきたドイツ兵を銃殺し、ティーガーI戦車の中にMkII手榴弾を投げ込み、ティーガーI戦車を破壊します。
ドイツ兵士は、20ミリ機関砲を持って来て、ティーガーI戦車に乗っている米軍兵士を吹き飛ばします。
ジョン・H・ミラー中隊長たちは、20ミリ機関砲を破壊しようとしますが、破壊できません。
20ミリ機関砲は、ジョン・H・ミラー中隊長たちを攻撃しようとします。
ジョン・H・ミラー中隊長は、ジェームズ・フランシス・ライアン二等兵、リチャード・ライベン一等兵とティモシー・アパム五等技能兵を連れて、移動します。
鐘楼の上にいるパーカーは、ダニエル・ジャクソン二等兵にUSブローニングM1917重機関銃の銃弾が無くなったと伝えます。
鐘楼の上にいるダニエル・ジャクソン二等兵は、「主よ、我が手と我が指に戦う力を与え給え」と言い終えると、Savm/43自走砲の上にいるドイツ兵を狙撃します。
Savm/43自走砲の砲塔が、鐘楼の上にいるダニエル・ジャクソン二等兵に狙いを付けます。
鐘楼の上にいるダニエル・ジャクソン二等兵は、「主は我が岩、我が砦、我を救う物なり。主は我が盾、我がより頼むのもなり、アーメン。パーカー、伏せろ!」と言います。
Savm/43自走砲の砲撃が、鐘楼を吹き飛ばします。
ティモシー・アパム五等技能兵は、吹き飛ばされる鐘楼を見ます。
ジョン・H・ミラー中隊長は、吹き飛ばされる鐘楼を見て、ドイツ兵との銃撃戦を始めます。
20ミリ機関砲は、ジョン・H・ミラー中隊長たちを攻撃しようとします。
リチャード・ライベン一等兵は、上から20ミリ機関砲を狙うことにしますが、Savm/43自走砲とドイツ兵に阻まれます。
スタンリー・メリッシュ二等兵は、投げ込まれたDE M24柄付手榴を投げ返します。
ティモシー・アパム五等技能兵は、.30-06スプリングフィールド弾を取り付けた布製給弾ベルトを肩にかけて、スタンリー・メリッシュ二等兵の所に戻ろうとしますが、恐怖で身動きが取れません。
スタンリー・メリッシュ二等兵は、USブローニングM1917重機関銃で弾詰まりが発生して、USブローニングM1917重機関銃が使用できなくなります。
スタンリー・メリッシュ二等兵は、階段から上がって来る人に「アパム、アパムか?」と声をかけます。
フレッド・ヘンダーソン伍長は、返事がないので、壁を銃撃すると、血が流れて来てます。
SS所属のドイツ兵は、飛び出してきて、フレッド・ヘンダーソン伍長の喉を撃ち抜きます。
フレッド・ヘンダーソン伍長は、苦しみながら、戦死します。
スタンリー・メリッシュ二等兵は、SS所属のドイツ兵と格闘になります。
リチャード・ライベン一等兵は、上からUS M1918BAR軽機関銃で20ミリ機関砲を銃撃します。
ジェームズ・フランシス・ライアン二等兵は、ドイツ軍のSavm/43自走砲を前にスプリングフィールドM1自動小銃の銃弾が無くなります。
マイケル・ホーヴァス一等軍曹は、US M1A1バズーカでドイツ軍のSavm/43自走砲を撃破します。
ティモシー・E・アパム五等技能兵は、.30-06スプリングフィールド弾を取り付けた布製給弾ベルトを肩に弾丸をかけたまま、恐怖におびえながら、階段を上がりますが、途中で腰が抜けて、階段に座り込みます。
スタンリー・メリッシュ二等兵は、ナイフを取り出し、SS所属のドイツ兵を殺そうとします。
スタンリー・メリッシュ二等兵は、SS所属のドイツ兵にナイフで刺されそうになります。
スタンリー・メリッシュ二等兵は、SS所属のドイツ兵にナイフで刺されて、殺されます。
ティモシー・アパム五等技能兵は、SS所属のドイツ兵に抵抗を示さず、ドイツ兵をやり過ごし、.30-06スプリングフィールド弾を取り付けた布製給弾ベルトを肩に弾丸をかけたまま、泣き崩れます。
マイケル・ホーヴァス一等軍曹は、ドイツ兵と至近距離で拳銃で撃ち合い、銃殺し、銃撃を受けます。
ティーガーI戦車とドイツ兵士は、続々とやって来ます。
ジョン・H・ミラー中隊長は、スプリングフィールドM1自動小銃の銃弾が無くなります。
ジェームズ・フランシス・ライアン二等兵は、60ミリ弾の安全弁を外して、叩きつけて、ジョン・H・ミラー中隊長に渡します。
ジョン・H・ミラー中隊長は、ドイツ兵に60ミリ弾を投げつけます。
ティーガーI戦車がやって来ます。
ジョン・H・ミラー中隊長は、ジェームズ・フランシス・ライアン二等兵、マイケル・ホーヴァス一等軍曹、ティモシー・アパム五等技能兵とリチャード・ライベン一等兵にアラモ砦へ退けと命令します。
OT810ハーフトラックもドイツ兵を引き連れてきます。
ジョン・H・ミラー中隊長が、US M1A1バズーカでティーガーI戦車に反撃しようとします。
マイケル・ホーヴァス一等軍曹は、ジョン・H・ミラー中隊長に代わって、US M1A1バズーカでティーガーI戦車に反撃することにします。
マイケル・ホーヴァス一等軍曹は、US M1A1バズーカをティーガーI戦車に当てます。
ティーガーI戦車は、ビクともしません。
マイケル・ホーヴァス一等軍曹は、リチャード・ライベン一等兵に装填しろと命令します。
ティモシー・E・アパム五等技能兵は、.30-06スプリングフィールド弾を取り付けた布製給弾ベルトを肩にかけたまま、泣き崩れたまま、取り残されています。
ジョン・H・ミラー中隊長とジェームズ・フランシス・ライアン二等兵は、橋を渡り、アラモ砦に到達します。
ジョン・H・ミラー中隊長とジェームズ・フランシス・ライアン二等兵は、対岸にいるOT810ハーフトラックとドイツ兵を銃撃します。
マイケル・ホーヴァス一等軍曹は、US M1A1バズーカを戦車に当てます。
ティーガーI戦車は、ビクともしません。
ジョン・H・ミラー中隊長は、指を負傷しますが、橋の起爆装置を手にします。
ジョン・H・ミラー中隊長は、マイケル・ホーヴァス一等軍曹とリチャード・ライベン一等兵に橋を爆破するぞ、橋から離れろと命令します。
マイケル・ホーヴァス一等軍曹は、橋を渡ったところで、後ろから胸を撃ち抜かれます。
リチャード・ライベン一等兵は、マイケル・ホーヴァス一等軍曹を支えて、後退し、アラモ砦に到達します。
ジョン・H・ミラー中隊長は、橋を爆破しようとします。
ジェームズ・フランシス・ライアン二等兵は、マイケル・ホーヴァス一等軍曹を連れて後退します。
リチャード・ライベン一等兵は、ジョン・H・ミラー中隊長にティーガーI戦車が橋に接近と伝えます。
ジョン・H・ミラー中隊長は、起爆装置を手にしながら、銃撃しながら、アラモ砦から後退します。
ティーガーI戦車が、アラモ砦を砲撃します。
砲撃の影響で、ジョン・H・ミラー中隊長は、吹っ飛ばされ、意識が遠のきます。
リチャード・ライベン一等兵は、US M1918BAR軽機関銃で銃撃しています。
ジェームズ・フランシス・ライアン二等兵は、泣きわめいています。
マイケル・ホーヴァス一等軍曹は、死んでいます。
リチャード・ライベン一等兵は、ジョン・H・ミラー中隊長を伏せさせます。
ジョン・H・ミラー中隊長は、意識が戻り、起爆装置を見つめています。
ティモシー・アパム五等技能兵の目の前で、逃がした国防軍のドイツ兵が攻撃しています。
ジョン・H・ミラー中隊長は、起爆装置を取りに行きます。
リチャード・ライベン一等兵は、ジョン・H・ミラー中隊長に戻るように言います。
逃がした国防軍のドイツ兵は、ジョン・H・ミラー中隊長を銃撃します。
ジョン・H・ミラー中隊長は、銃撃されて、倒れます。
ティモシー・アパム五等技能兵の目の前で、逃がした国防軍のドイツ兵がジョン・H・ミラー中隊長を銃殺したのを目撃します。
ジョン・H・ミラー中隊長は、オートバイに持たれながら、US M1911A1でティーガーI戦車に反撃します。
ティーガーI戦車が、吹き飛びます。
連合国軍のP51がティーガーI戦車を爆撃しました。
連合国軍のP51がドイツ兵を空爆します。

ティモシー・E・アパム五等技能兵は、ドイツ兵に小銃を向けて、降伏するように命令します。
逃がした国防軍のドイツ兵は、ティモシー・E・アパム五等技能兵に「アパム」と言います。
ティモシー・E・アパム五等技能兵は、国防軍のドイツ兵たちに「手を上げろ!武器を置け!手を上げろ!武器を置け!」と言います。
逃がした国防軍のドイツ兵は、ティモシー・アパム五等技能兵に「俺はこの兵士を知っている。俺はこの男を知っている」と言います。
ティモシー・アパム五等技能兵は、逃がした国防軍のドイツ兵に「黙れ!」と言い返します。
逃がした国防軍のドイツ兵は、ティモシー・E・アパム五等技能兵に「アパム」と言います。
ティモシー・アパム五等技能兵は、レーダー基地で逃がし、ジョン・H・ミラー中隊長を殺した国防軍のドイツ兵を撃ち、殺します。
ティモシー・E・アパム五等技能兵は、国防軍のドイツ兵たちに「行け!消えろ!」と言います。

リチャード・ライベン一等兵は、ジョン・H・ミラー中隊長の傷の様子を見て、応急処置を施します。
ジェームズ・フランシス・ライアン二等兵は、立ち上がります。
連合国軍の兵士、戦車が援軍にやって来ます。
ジェームズ・フランシス・ライアン二等兵は、ジョン・H・ミラー中隊長に近づきます。
リチャード・ライベン一等兵は、衛生兵を捜しに行きます。
ジョン・H・ミラー中隊長は、ジェームズ・フランシス・ライアン二等兵に「ジェームズ、ムダにするな。しっかり生きろ」と言い残して、亡くなります。
リチャード・ライベン一等兵は、ジョン・H・ミラー中隊長からエイドリアン・カパーゾ二等兵の手紙を受け取ります。

ジョージ・C・マーシャル米軍参謀総長は、ライアン夫人へジェームズ・ライアン二等兵がヨーロッパ戦線を離れ、無事帰国の途に着いたことを伝えます。

年老いたジェームズ・フランシス・ライアン二等兵は、ジョン・H・ミラー中隊長の墓に向かい、「今日は、私の家族も一緒です。来たいと言うので。正直言って、今日ここに来ることが不安でした。あの橋で、あなたに言われたことを忘れた日はありません。私は、今日まで、精一杯生きてきました。必死に生きることで、あの日あなたがしてくださったことに、私は少しでも報いることができたでしょうか?」と言います。
ジェームズ・フランシス・ライアン二等兵の妻は、ジェームズ・フランシス・ライアン二等兵に「頑張ったわ」と言います。

年老いたジェームズ・フランシス・ライアン二等兵は、ジョン・H・ミラー中隊長の墓に向って、敬礼をします。
”ジョン・H・ミラー大尉 1944年6月13日戦死”
星条旗がはためきます。

登場人物

戦争映画なので、同じ軍服に、ヘルメットで、見分けがつきにくいですが、人物を見分けないと物語を理解できません。

ジェームズ・フランシス・ライアン二等兵

ジェームズ・フランシス・ライアン二等兵は、青年時をマット・デイモンが演じ、壮年時をハリソン・ヤングが演じるアイオア州ペイトンの出身で、四男で、第101空挺師団第506空挺歩兵連隊のB中隊に所属し、ノルマンディー上陸作戦において、ヌーヴィル村周辺に降下し、行栄不明で、ラメルで、メルデレ川にかかる橋を防衛する任務に就いています。
ジェームズ・フランシス・ライアン二等兵は、フレッド・ヘンダーソン伍長とトインビー上等兵と共にドイツ軍のOT810ハーフトラックを待ち伏せて攻撃し、ジョン・H・ミラー中隊長に出会い、ジョン・H・ミラー中隊長が自分のことを知っているのに驚き、ジョン・H・ミラー中隊長から全部の兄弟が戦死したことを伝えられ、ジョン・H・ミラー中隊長に故郷に連れて帰ると言われ、メルデル川に架かっている橋はことごとく破壊したので、残っているのは、こことバローニュだけで、この橋を奪われたら連合軍は、退却を余儀なくされるので、この橋を死守せよという命令を受けているので、援軍が来るまでここに留まりたいと伝え、ジェームズ・フランシス・ライアン二等兵のためにエイドリアン・カパーゾ二等兵とアーウィン・ウェイド四等衛生兵が戦死したと伝えられても、「僕にはまだ戦場で共に戦う兄弟がいる。彼らと運命を共にすると、自分はここに残ります」と言い、戦場に残ることを選択し、ジョン・H・ミラー中隊長たちと共にドイツ軍と戦うことになり、ジョン・H・ミラー中隊長が作戦を立て、ジョン・H・ミラー中隊長の背後にいることになり、エディット・ピアフの「暗い日曜日」を聴きながら、ジョン・H・ミラー中隊長に4人の兄弟が揃った最後の夜の話をして、ドイツ軍が近づいてくると、ドイツ歩兵が通過し、Savm/43自走砲も通過し、ドイツ兵に側面に回り込まれ、ティーガーI戦車とドイツ兵は正面の通りに入り、地面が揺れ、銃撃戦が始まり、”くっつき爆弾”に点火させ、ティーガーI戦車の転輪に”くっつき爆弾”を取り付けさせ、地面に伏せて、ティーガーI戦車のキャタピラーを破壊しますが、リチャード・ライベン一等兵がティーガーI戦車が反撃してくることに気が付き、避難し、ティーガーI戦車の中にMkII手榴弾を投げ込み、破壊しますが、20mm機関砲を破壊できずに、ジョン・H・ミラー中隊長とティモシー・E・アパム五等技能兵と共に後退し、スプリングフィールドM1自動小銃の弾が無くなり、ジョン・H・ミラー中隊長に60ミリ弾を使用するように提案し
、60ミリ弾の安全弁を外して、60ミリ弾を叩きつけて、ジョン・H・ミラー中隊長に渡し、ドイツ兵に投げ、ティーガーI戦車がやって来て、ジョン・H・ミラー中隊長と共にアラモ砦に後退し、対岸にいるOT810ハーフトラックとドイツ兵を銃撃し、国防軍のドイツ兵に銃撃されたジョン・H・ミラー中隊長に「ムダにするな。しっかり生きろ」と言われます。
年老いたジェームズ・フランシス・ライアンは、家族とジャーナリストを連れて、星条旗とフランス国旗を見上げ、ノルマンディー米軍英霊墓地に入り、泣き崩れ、ジョン・H・ミラー中隊長の墓に向かい、言葉をかけて、ジョン・H・ミラー中隊長の墓に向って、敬礼をします。

マット・デイモンは、映画「インビクタス/負けざる者たち」にも出演しています。

ジョン・H・ミラー中隊長

ジョン・H・ミラー中隊長は、トム・ハンクスが演じるペンシルベニア州アドレーの出身で、結婚していて、エジソン高校の教師で、国語を11年間教えていて、春のシーズンには、野球部のコーチを務め、第2レンジャー大隊C中隊長を務め、階級は大尉の佐官で、英国のポーツマスから乗船し、上陸艇の中で部下の兵士を右舷と左舷から上陸艇から降りる用意をさせ、上陸したら砲弾穴に落ちないように、銃に砂が入らないように常に注意をさせて、全体兵士に右舷と左舷から散会しながら海に飛び込むように命令し、自らも海に飛び込み、フランスのノルマンディー地方のオハマ・ビーチに上陸し、砲撃により意識が遠のき、意識を取り戻し、兵士を敵の銃撃から守るために、後続隊のために場所を開けるために、兵士を敵の砲台の下の斜面に上がるように命令し、負傷兵を引きずりながら斜面に向かいますが、負傷編は砲撃で下半身が吹っ飛ばされ戦死し、斜面にたどり着き、マイケル・ホーヴァス一等軍曹と合流し、通信兵に司令部へ「上陸部隊より第一波成功せず、海岸の確保ならず」と連絡させ、リチャード・ライベン一等兵、スタンリー・メリッシュ二等兵とエイドリアン・カパーゾ二等兵と合流し、スタンリー・メリッシュ二等兵にアーウィン・ウェイド四等衛生兵を呼んで来こさせ、マイケル・ホーヴァス一等軍曹にD1ルートを開くために、部下に武器と弾薬を集めさせ、ダニエル・ジャクソン二等兵とも合流し、爆薬筒を持ってこさせ、爆薬筒を前に押し出して、鉄条網などの障害物を爆破し、撤去し、部下の兵士に突撃を命じ、USトンプソンM1A1を手にドイツ軍の砲台下まで進み、スタンリー・メリッシュ二等兵からナイフを受け取り、ナイフに鏡を付けて、ドイツ軍の配置を「MG42機関銃2、迫撃砲2門、距離20メートル」と把握し、伝え、突破口を開くために、USトンプソンM1A1で援護射撃をして、部下の兵士に突撃を命じますが、突破口は開けず、ダニエル・ジャクソン二等兵にドイツ軍の機関銃陣地からは陰になって撃たれない窪みまで行き、ドイツ兵を仕留めるように命じ、ダニエル・ジャクソン二等兵に敵の銃口が向かないように、陰から飛び出し、敵の銃口を向けさせ、ダニエル・ジャクソン二等兵に窪みまで行かせ、ダニエル・ジャクソン二等兵がドイツ軍の機関銃を機銃手を狙撃した後で、部下の兵士を突撃させ、D1ルートを登って行き、ドイツ軍の砲台にMkII手榴弾を投げ込ませ、砲台から出てきたドイツ兵士を銃殺し、砲台の中にMkII手榴弾を投げ込ませ、砲台の中をUS M1火炎放射器で焼かせ、通信機を使用して「こちらC隊、繰り返すこちらC中隊、D1突破口を開いた」と報告し、死体と赤い血で埋め尽くされたオハマ・ビーチを見て驚き、震える手で、水筒を掴み、水を飲み、ウォルター・アンダーソン中佐にノルマンディー上陸作戦について報告をして、ジョージ・マーシャル米国軍参謀長官からの第101空挺師団第506空挺歩兵連隊のB中隊に所属するアイオワ州出身のジェームズ・フランシス・ライアン二等兵の救出という任務を受け、マイケル・ホーヴァス一等軍曹にジェームズ・フランシス・ライアン二等兵の救出という任務を説明し、中隊のえり抜きを選んで、ティモシー・アパム伍長をフランス語とドイツ語の通訳として編入し、7人の部下と共に、ヌーヴィルに向かい草原を歩き、ジェームズ・フランシス・ライアン二等兵を捜しに行き、部下にフーバーな任務ならなおさら「母親を捨ててでも、命令に従うのが兵士の務めだってことだ」だと諭し、ぼやく方法を教え、雨の降る中、村の端に到達し、ウィリアム・ヒル軍曹と合流し、ジェームズ・フランシス・ライアン二等兵について質問し、ウィリアム・ヒル軍曹から町の反対側にいる混成部隊にいるかもと教えられ、伝令がドイツ兵に銃殺されたので、ウィリアム・ヒル軍曹から町の様子を教えてもらい、ウィリアム・ヒル軍曹の案内で、ウィリアム・ヒル軍曹達と共に町の反対側に行くことにして、途中でドイツ兵から隠れて住んでいるフランス人家族に遭遇し、フラン人家族からドイツ軍の居場所を聞こうとしますが、ドイツ軍の居場所を答えてもらえず、フランス人家族の子供を預かると言うエイドリアン・カパーゾ二等兵に止めるように命令し、エイドリアン・カパーゾ二等兵から子供を取り上げ、マイケル・ホーヴァス一等軍曹に子供を渡し、うかつにもドイツ狙撃手によりエイドリアン・カパーゾ二等兵が狙撃され、エイドリアン・カパーゾ二等兵を励まし、ダニエル・ジャクソン二等兵がドイツ狙撃手を狙撃し、エイドリアン・カパーゾ二等兵は戦死し、エイドリアン・カパーゾ二等兵の認識票を預かり、マイケル・ホーヴァス一等軍曹にエイドリアン・カパーゾ二等兵の弾薬をチェックさせ、ダニエル・ジャクソン二等兵とスタンリー・メリッシュ二等兵に鐘楼を調べさせ、小休憩しているときに壁が崩れ、ドイツ兵と小銃を持って対峙し、背後から現れた米国兵士たちに助けられ、フレッド・ハミル大尉に会い、ジェームズ・フレデリック・ライアン二等兵を紹介され、ジェームズ・フランシス・ライアン二等兵ではないことに気が付き、第101空挺師団第506空挺歩兵連隊のC中隊に所属する人を紹介され、集合地点を教えられ、疲れている部下を教会で3時間ほど休ませて、マイケル・ホーヴァス一等軍曹とジェームズ・フランシス・ライアン二等兵が救うに値する人間かどうかと話合い、部下たちに話をしていないで寝るように言い、ティモシー・アパム五等技能兵に慣れたかと声をかけ、ティモシー・アパム五等技能兵から軍に入る前のことを質問され、賞金が500ドルになったら教え、賞金を山分けにすることにして、ティモシー・アパム五等技能兵に眠っておけと言い、夜の戦火の中を集合地点に向かい、昼になって第99空輸飛行隊に所属している多数の負傷兵に遭遇し、アーウィン・ウェイド四等衛生兵に手当てを命じ、デウィンド中尉から第99空輸飛行隊に所属し、グライダーで歩兵連隊を移送し、アメンド准将を守るためにグライダーに取り付けられた鉄板の重みで、草は濡れていて、下向き斜面に着陸し、副操縦士を含む22名が戦死したと教えられ、フーバーと言い、ジェームズ・フランシス・ライアン二等兵について質問し、デウィンド中尉から認識票を受け取り、ダニエル・ジャクソン二等兵に認識票を確認させ、通りすがりの空挺隊員たちに大声でジェームズ・フランシス・ライアン二等兵のことを尋ね、ジェームズ・フランシス・ライアン二等兵を知っているマイケルソンと出会い、ジェームズ・フランシス・ライアン二等兵がラメルの橋を守っていることを知り、ドイツ軍がメルデル川を越えて、戦車を送り込み、シェルブールに向かう連合軍を側面から攻撃するために橋が重要だと教え、ラメルに向かい、第82空挺師団隊員の遺体を見つけ、レーダー基地の掩蔽壕にMG42機関銃でドイツ兵が待ち構えていることに気が付き、戦争に勝つために、次にここを通過する連合国軍のために、ドイツ兵を掃討することにして、牽制射撃をしながら、左右と中央に分かれて、レーダー基地の掩蔽壕に近づき、機関銃の銃身を交換するときに、レーダー基地の掩蔽壕にMkII手榴弾を投げ込んでドイツ兵を掃討しますが、アーウィン・ウェイド四等衛生兵が戦死し、アーウィン・ウェイド四等衛生兵が持っていたエイドリアン・カパーゾ二等兵の手紙を取り出して、ポケットに入れ、生き残った国防軍のドイツ兵にアーウィン・ウェイド四等衛生兵と第82空挺師団隊員の遺体の墓を掘らせて、国防軍のドイツ兵に連合国軍に降伏するように伝えて、国防軍のドイツ兵を解放し、国防軍のドイツ兵の解放に反対し、任務から離れるというリチャード・ライベン一等兵に、入隊前にペンシルバニアに小さなアドレーという町のエジソン高校で、11年間、国語の教師をして、野球部のコーチもしたと明かし、リチャード・ライベン一等兵に任務から離れることを認め、証明書も書くと言い、リチャード・ライベン一等兵に任務を続行させ、アーウィン・ウェイド四等衛生兵と第82空挺師団の兵士の遺体を埋葬した後、任務を続け、ドイツ軍のOT810ハーフトラックの音に気が付き、部下を地面に伏せさせ、攻撃を受けたドイツ軍のOT810ハーフトラックに左側面から反撃し、ドイツ軍のOT810ハーフトラックの陰から出てきたドイツ兵を射殺し、ドイツ軍のOT810ハーフトラックを待ち伏せし、攻撃したフレッド・ヘンダーソン伍長、ジェームズ・フランシス・ライアン二等兵とトインビー上等兵に出会い、ジェームズ・フランシス・ライアン二等兵に驚き、フレッド・ヘンダーソン伍長から状況を聞き、ジェームズ・フランシス・ライアン二等兵に兄弟が全員が戦死したことを伝え、米国陸軍参謀総長のじきじきの命令で、ジェームズ・フランシス・ライアン二等兵に米国に帰還させると命令しますが、ジェームズ・フランシス・ライアン二等兵に米国に帰還することを拒否され、「戦場で共に戦う兄弟がいる。彼らと運命を共にする」と母に伝えるように言われ、マイケル・ホーヴァス一等軍曹と相談し、ラメルにあるメルデレ川にかかる橋を一緒にドイツ軍から守ることにして、フレッド・ヘンダーソン伍長から残っている少ない武器・弾薬について説明を受け、戦車でやって来るドイツ軍が側面に回り込むことを想定し、戦車を両側を建物で囲まれ、ガレキが道を塞いでいる正面の道路に戦車を誘導し、立ち往生した戦車を側面から攻撃し、戦車のキャタピラを破壊するために”くっつき爆弾”を使用し、武器・弾薬を使い果たしたら、橋の対岸にあるアラモ砦へ退却し、橋を爆破し、ドイツ軍を食い止めることにし、”くっつき爆弾”を製作し、鐘楼の上にUSブローニングM1917機関銃1挺を持たせたダニエル・ジャクソン二等兵とパーカーを配置し、USブローニングM1917機関銃1挺を持たせたスタンリー・メリッシュ二等兵を自由に動けるように下に配置し、ティモシー・E・アパム五等技能兵は機関銃の弾を運ぶ係にして、USウィンチェスターM1で武装したマイケル・ホーヴァス一等軍曹とリチャード・ライベン一等兵を地上に配置し、ドイツ兵を十字砲火で狙えるようにして、ジェームズ・フランシス・ライアン二等兵を自分の後ろに配置することにし、ドイツ軍がやって来るまでの一時をエディット・ピアフの「暗い日曜日」を聴きながら、手が震えだし、兄弟の顔を思い出せないジェームズ・フランシス・ライアン二等兵に兄弟と一緒にしたことと共に顔を思い出すように助言し、手の震えが止まり、鐘楼の上にいるダニエル・ジャクソン二等兵から手信号で「東から敵、見えるのはタイガー戦車2両、パンサー戦車2両、歩兵数50名あまり」という報告を受けて、リチャード・ライベン一等兵にドイツ軍を正面の道路に誘い込むように命じ、ドイツ歩兵が通過し、Savm/43自走砲も通過し、ドイツ兵に側面に回り込まれ、ティーガーI戦車とドイツ兵は正面の通りに入り、地面が揺れ、”くっつき爆弾”に点火させ、ティーガーI戦車の転輪に”くっつき爆弾”を取り付けさせ、地面に伏せて、ティーガーI戦車のキャタピラーを破壊しますが、ティーガーI戦車が反撃してくることを注意し、ティーガーI戦車の中にいるドイツ兵を銃撃し、ティーガーI戦車の中にMkII手榴弾を投げ込ませ、20mm機関砲を破壊するように命じ、20mm機関砲を破壊できずに、ジェームズ・フランシス・ライアン二等兵、リチャード・ライベン一等兵とティモシー・E・アパム五等技能兵を引き連れて後退し、Savm/43自走砲の砲撃により吹き飛ばされる鐘楼を見て、ドイツ兵との銃撃戦を始め、リチャード・ライベン一等兵に20mm機関砲を破壊するように命じ、USウィンチェスターM1の弾を撃ち尽くし、ジェームズ・フランシス・ライアン二等兵の発案でM49A2 HE弾の安全弁を外し、叩きつけて、ティーガーI戦車とドイツ兵士にM49A2 HE弾を投げて抵抗し、ティーガーI戦車に砲撃されそうになると、ジェームズ・フランシス・ライアン二等兵、ティモシー・E・アパム五等技能兵とリチャード・ライベン一等兵にアラモ砦へ後退するように命じ、US M1A1バズーカでティーガーI戦車に反撃しようとしますが、マイケル・ホーヴァス一等軍曹に先にアラモ砦へ後退するように進言され、US M1A1バズーカをマイケル・ホーヴァス一等軍曹に渡し、ジェームズ・フランシス・ライアン二等兵と共にアラモ砦へ後退し、対岸にいるOT810ハーフトラックとドイツ兵を銃撃し、手を負傷しますが、橋を爆破するための起爆装置を手にし、ティーガーI戦車が接近してきたので、アラモ砦からさらに後退し、ティーガーI戦車がアラモ砦を砲撃で吹き飛ばし、爆発の衝撃で意識が吹き飛び、意識が戻り、起爆装置を取りに行きますが、レーザー基地で逃がした国防軍のドイツ兵の銃撃を受け、オートバイに持たれながら、US M1911A1でティーガーI戦車に反撃し、ティーガーI戦車が、吹き飛び、ジェームズ・フランシス・ライアン二等兵に「ジェームズ、ムダにするな。しっかり生きろ」と言い残して、亡くなります。

マイケル・ホーヴァス一等軍曹

マイケル・ホーヴァス一等軍曹は、トム・サイズモアが演じるミネソタ州ミネアポリスの出身で、アフリカとイタリアで戦い、戦った証として缶に土を集めていて、ジョン・H・ミラー中隊長の部下として、長く戦争に従事していますが、ジョン・H・ミラー中隊長については全く知らず、ノルマンディー上陸作戦でも第2レンジャー大隊C中隊に所属し、ジョン・H・ミラー中隊長の部下として、上陸艇の中で上陸する兵士たちに「上陸したら、散開だ。5人が固まれば、いい的だが、1人なら弾の無駄だ。いいな」と注意をして、フランスのノルマンディー地方のオハマ・ビーチに上陸し、意識が遠のいているジョン・H・ミラー中隊長に声をかけ、ジョン・H・ミラー中隊長の意識を戻し、ジョン・H・ミラー中隊長から斜面に上がれという命令を受けて、部下の兵士たちを引き連れて、斜面に到達し、ジョン・H・ミラー中隊長と合流し、ジョン・H・ミラー中隊長に残存兵力を報告し、リチャード・ライベン一等兵、スタンリー・メリッシュ二等兵とエイドリアン・カパーゾ二等兵と合流し、ジョン・H・ミラー中隊長に残存兵力を報告し、D1ルートをどう開くか確認し、ジョン・H・ミラー中隊長の命令で部下の兵士たちに武器と弾薬を集めさせ、小銃を海に捨てたリチャード・ライベン一等兵に代わりの小銃を探させ、ダニエル・ジャクソン二等兵と合流し、爆薬筒で鉄条門を爆破した後で、部下の兵士たちにドイツ軍の砲台の下へ突撃させ、ドイツ軍の砲台の下にたどり着き、スタンリー・メリッシュ二等兵にもっと寄るように命令し、ジョン・H・ミラー中隊長がナイフに付けた鏡で確認した敵の位置を聞くと、戦車が上陸できていれば、攻撃するには絶好の位置なのにと悔しがり、ジョン・H・ミラー中隊長たちが援護射撃を行い、部下の兵士たちを突撃させるのを見て、ジョン・H・ミラー中隊長にドイツ兵の狙い撃ちの的で、自殺行為だと助言しますが、ジョン・H・ミラー中隊長にこの方法しかないと言い返され、援護射撃を行い、部下の兵士たちを突撃させ、ジョン・H・ミラー中隊長がダニエル・ジャクソン二等兵を窪みへ前進するのを援護するのを見て、驚き、ダニエル・ジャクソン二等兵が狙撃でドイツ兵を倒した後で、部下の兵士たちを突撃させ、海岸から丘へ登り、リチャード・ライベン一等兵から受け取ったMkII手榴弾を砲台の中に投げ込み、ドイツ軍の砲台を制圧し、部下の兵士たちに攻撃を中止させ、「フランス」と書かれた缶に土を入れ、ジョン・H・ミラー中隊長と一緒にオハマ・ビーチを眺め、ノルマンディー上陸作戦から3日が経過し、ジョン・H・ミラー中隊長と共にジェームズ・フランシス・ライアン二等兵を救出するためにヌーヴィルに向かう任務に就き、リチャード・ライベン一等兵、ダニエル・ジャクソン二等兵、アーウィン・ウェイド四等衛生兵、エイドリアン・カパーゾ二等兵、スタンリー・メリッシュ二等兵を海岸の駐車場に集めて、任務を説明し、ヌーヴィルに向かい草原を歩き、雨の中、村にたどり着き、「雷鳴」という合言葉に「稲妻」と返事があったので、味方であることを確認し、ティモシー・アパム五等技能兵たちを前進させ、ジェームズ・フランシス・ライアン二等兵を捜すために、ティモシー・アパム五等技能兵を連れて村の反対側に移動しする途中で、フランス人家族に出会い、ジョン・H・ミラー中隊長の命令に従い、エイドリアン・カパーゾ二等兵に子供を預かるのは止めるように命令し、ジョン・H・ミラー中隊長から子供を受け取り、エイドリアン・カパーゾ二等兵が狙撃され、狙撃手の場所が分からず、泣き叫ぶ子供をなだめ、アーウィン・ウェイド四等衛生兵に物陰から出ないように注意し、ダニエル・ジャクソン二等兵が狙撃手を射殺し、エイドリアン・カパーゾ二等兵は戦死し、フランス人家族に子供を返し、エイドリアン・カパーゾ二等兵の弾薬をチェックし、小休憩しているときに壁が崩れ、ドイツ兵と小銃を持って対峙し、背後から現れた米国兵士たちに助けられ、フレッド・ハミル大尉に出会い、戦死者も出たと伝え、ジェームズ・フレデリック・ライアン二等兵を紹介され、ジェームズ・フランシス・ライアン二等兵ではないことに気が付き、第101空挺師団第506空挺歩兵連隊のC中隊に所属する人を紹介され、集合地点を教えられ、教会で3時間ほど休み、ジョン・H・ミラー中隊長の手の震えに気が付き、ジョン・H・ミラー中隊長とジェームズ・フランシス・ライアン二等兵が救うに値する人間かどうかと話合い、夜の戦火の中を集合地点に向かい、昼になって第99空輸飛行隊に所属している多数の負傷兵に遭遇し、ジョン・H・ミラー中隊長が大声でジェームズ・フランシス・ライアン二等兵を探すことに無理があると異議を唱え、ジェームズ・フランシス・ライアン二等兵がラメルの橋を守っていることを知り、ジョン・H・ミラー中隊長からドイツ軍がメルデル川を越えて、戦車を送り込み、シェルブールに向かう連合軍を側面から攻撃するために橋が重要だと教えられ、ラメルに向かい、第82空挺師団の兵士の死体を見つけ、レーダー基地の掩蔽壕にMG42機関銃でドイツ兵が待ち構えていることを知り、レーダー基地の掩蔽壕にMG42機関銃を潰す作戦に参加しますが、ジョン・H・ミラー中隊長によって後方に配置され、4人のドイツ兵を倒したことを喜びますが、アーウィン・ウェイド四等衛生兵が戦死し、ダニエル・ジャクソン二等兵と警戒に当たるように命じられ、ジェームズ・フランシス・ライアン二等兵を救出する任務から離れるというリチャード・ライベン一等兵にUS M1911A1自動拳銃を突きつけて、ジェームズ・フランシス・ライアン二等兵を救出する任務に戻るように説得し、ジョン・H・ミラー中隊長の仲裁によりリチャード・ライベン一等兵が任務に戻り、アーウィン・ウェイド四等衛生兵と第82空挺師団の兵士の遺体を埋葬した後、任務を続け、ドイツ軍のOT810ハーフトラックの音に気が付き、地面に伏せ、ドイツ軍のOT810ハーフトラックが爆破され、ジェームズ・フランシス・ライアン二等兵に出会って驚き、ジェームズ・フランシス・ライアン二等兵に米国に帰還することを拒否され、ジョン・H・ミラー中隊長から相談を受けて、「この任務をやり遂げれば、俺も胸を張って、故郷に帰れる気がする」と答え、ラメルにあるメルデレ川にかかる橋を一緒にドイツ軍から守ることになり、フレッド・ヘンダーソン伍長から残っている少ない武器・弾薬について説明を受け、ジョン・H・ミラー中隊長に戦車でやって来るドイツ軍にどういう作戦で戦うのかを質問し、ジョン・H・ミラー中隊長から作戦を聞き、残っている少ない武器・弾薬ではドイツ軍の戦車を破壊できないと指摘し、ジョン・H・ミラー中隊長から戦車のキャタピラを破壊するために”くっつき爆弾”を使用すると教えられ、”くっつき爆弾”を作り、スタンリー・メリッシュ二等兵、リチャード・ライベン一等兵とティモシー・E・アパム五等技能兵と一緒にエディット・ピアフの「暗い日曜日」を聴きながら、話をして、ゆっくりと過ごし、ドイツ軍が近づいてくると、ドイツ軍を正面の道路に誘い込むリチャード・ライベン一等兵を励まし、USウィンチェスターM1自動小銃に弾を装填し、ティモシー・E・アパム五等技能兵に布製給弾ベルトについている.30-06スプリングフィールド弾をスタンリー・メリッシュ二等兵の所に持って行くように伝え、ドイツ兵と至近距離でUS M1911A1自動拳銃で撃ち合い、銃殺し、銃撃を受け、弾切れになったUS M1911A1自動拳銃をドイツ兵に投げつけ、ティーガーI戦車がやって来て、ティモシー・E・アパム五等技能兵にアラモ砦に退くように命令し、ジョン・H・ミラー中隊長に代わってUS M1A1バズーカでティーガーI戦車を攻撃しますが、ティーガーI戦車に損傷を与えることはできずに、リチャード・ライベン一等兵にUS M1A1バズーカに弾を再装填しながら後退し、US M1A1バズーカでティーガーI戦車を攻撃しますが、ティーガーI戦車に損傷を与えることはできず、橋を渡ったところで、後ろから胸を撃ち抜かれながらも、アラモ砦に後退し、ジェームズ・フランシス・ライアン二等兵によって、アラモ砦から後退し、亡くなります。

ダニエル・ジャクソン二等兵

ダニエル・ジャクソン二等兵は、バリー・ペッパーが演じる敬虔なクリスチャンで、テネシー州の出身で、優秀な狙撃手で、ノルマンディー上陸作戦で第2レンジャー大隊C中隊に所属し、ジョン・H・ミラー中隊長の部下として、上陸艇に乗り込み、首にかけた十字架にキスをして、神に祈り、フランスのノルマンディー地方のオハマ・ビーチに上陸し、斜面にたどり着き、マイケル・ホーヴァス一等軍曹に報告し、武器と弾薬を集め、爆薬筒で鉄条門を爆破した後で、ドイツ軍の砲台の下へ突撃し、砲台の下にたどり着き、ジョン・H・ミラー中隊長の命令を受け、首にかけた十字架にキスをして、ドイツ軍の機関銃陣地からは陰になって撃たれない窪みまで、前進し、8倍の光学スコープを取り付けたスプリングフィールドM1903狙撃銃を使用して、神に祈りながら、機関銃で銃撃しているドイツ兵士を狙撃し、ドイツ軍の機関銃陣地を破壊し、ドイツ軍の砲台を制圧し、ノルマンディー上陸作戦から3日が経過し、海岸の駐車場に集合し、マイケル・ホーヴァス一等軍曹からジョン・H・ミラー中隊長を隊長として、ジェームズ・フランシス・ライアン二等兵を救出するためにヌーヴィルに向かう任務の説明を受け、ヌーヴィルに向かい草原を歩き、ジョン・H・ミラー中隊長に「俺と狙撃銃をこんな所じゃなくて、どこかヒトラーを狙える距離においてくれたら、そしたら、こんな戦争、一発で終わらせて見せますよ」と意見し、雨の中、村にたどり着き、ティモシー・アパム五等技能兵に続いて、村に近づき、村の反対側へ移動することになり、ティモシー・アパム五等技能兵にジョン・H・ミラー中隊長の出身を当てたら賞金300ドルが貰えると教え、ドイツ軍の狙撃兵がエイドリアン・カパーゾ二等兵が狙撃し、銃声が聞こえる前に倒れたことから、距離を400メートル、場所は鐘楼の上からと推測し、ドイツ軍の狙撃兵の腕は良いので警戒するように言い、物陰に隠れながら、鐘楼に近づき、スプリングフィールドM1903狙撃銃に8倍の光学スコープを取り付け、左の風のためにスコープの2目盛りを調整し、ドイツ軍の狙撃兵が使用している狙撃銃のスコープの反射光を狙い、ドイツ軍の狙撃兵を狙撃し、エイドリアン・カパーゾ二等兵は戦死し、ジョン・H・ミラー中隊長の命令で、スタンリー・メリッシュ二等兵と共に鐘楼を調べ、小休憩しているときに壁が崩れ、ドイツ兵と小銃を持って対峙し、背後から現れた米国兵士たちに助けられ、フレッド・ハミル大尉に出会い、ジェームズ・フレデリック・ライアン二等兵を紹介され、ジェームズ・フランシス・ライアン二等兵ではないことに気が付き、第101空挺師団第506空挺歩兵連隊のC中隊に所属する人を紹介され、集合地点を教えられ、教会で3時間ほど休めることになり、横になり、熟睡し、夜の戦火の中を集合地点に向かい、昼になって第99空輸飛行隊に所属している多数の負傷兵に遭遇し、アーウィン・ウェイド四等衛生兵に様子を聞き、負傷兵を励まし、ジョン・H・ミラー中隊長から受け取った認識票の中にジェームズ・フランシス・ライアン二等兵を探しますが、見つからず、ジェームズ・フランシス・ライアン二等兵がラメルの橋を守っていることを知り、ジョン・H・ミラー中隊長からドイツ軍がメルデル川を越えて、戦車を送り込み、シェルブールに向かう連合軍を側面から攻撃するために橋が重要だと教えられ、ラメルに向かい、第82空挺師団の兵士の死体を見つけ、レーダー基地の掩蔽壕にMG42機関銃でドイツ兵が待ち構えていることを知り、レーダー基地の掩蔽壕にMG42機関銃を潰す作戦に左から接近し、4人のドイツ兵を倒したことを喜びますが、アーウィン・ウェイド四等衛生兵が戦死し、国防軍のドイツ兵を殴り、射殺しようとし、ジョン・H・ミラー中隊長に止められ、国防軍のドイツ兵にアーウィン・ウェイド四等衛生兵と第82空挺師団の兵士の遺体の墓を掘るように命じられ、ジョン・H・ミラー中隊長に傷があることを指摘され、消毒したら、マイケル・ホーヴァス一等軍曹と警戒に当たるように命じられ、国防軍のドイツ兵を解放することを絶対に許せず、アーウィン・ウェイド四等衛生兵と第82空挺師団の兵士の遺体を埋葬した後、任務を続け、ドイツ軍のOT810ハーフトラックの音に気が付き、地面に伏せ、ドイツ軍のOT810ハーフトラックが爆破され、ジェームズ・フランシス・ライアン二等兵に出会って驚き、ジェームズ・フランシス・ライアン二等兵に米国に帰還することを拒否され、ラメルにあるメルデレ川にかかる橋を一緒にドイツ軍から守ることになり、鐘楼に上って、USブローニングM1917重機関銃で上からパーカーと共に狙うことになり、パーカーと共にUSブローニングM1917重機関銃を鐘楼に引っ張り上げて、鐘楼の上から双眼鏡で周囲を警戒し、鐘楼の上からジョン・H・ミラー中隊長に手信号で「東から敵、見えるのはタイガー戦車2両、パンサー戦車2両、歩兵数50名あまり」、「歩兵は左に行くぞ」、「右側面に歩兵30名、そっち側から突っ込んで、阻止しろ」と伝え、8倍の光学スコープを取り付けたスプリングフィールドM1903狙撃銃を使用して、ドイツ歩兵を次々と狙撃し、障害物があって20ミリ機関砲を狙うことができず、Savm/43自走砲が鐘楼に接近し、8倍の光学スコープを取り付けたスプリングフィールドM1903狙撃銃を使用して、ドイツ歩兵を次々と狙撃し、Savm/43自走砲の砲撃により戦死します。

ブリッグス米国軍中尉

ブリッグス米国軍中尉は、ロルフ・サクソンが演じるノルマンディー上陸作戦でフランスのノルマンディー地方のオハマ・ビーチに上陸し、浜の障害物を排除し戦車の突破口を作るために爆破しようとしますが、ジョン・H・ミラー中隊長に戦車が上陸できていないので、無駄と言われ
、ジョン・H・ミラー中隊長についていきます。

リチャード・ライベン一等兵

リチャード・ライベン一等兵は、エドワード・バーンズが演じるニューヨーク州ニューヨークブルックリンの出身で、長身で、ノルマンディー上陸作戦で溺れかけて、小銃を捨てて、フランスのノルマンディー地方のオハマ・ビーチに上陸し、斜面にたどり着き、マイケル・ホーヴァス一等軍曹に報告し、マイケル・ホーヴァス一等軍曹に小銃がないことを指摘され、US M1918軽機関銃を海岸で拾い、戻って来て、武器と弾薬を集め、爆薬筒で鉄条門を爆破した後で、ドイツ軍の砲台の下へ突撃し、砲台の下にたどり着き、ジョン・H・ミラー中隊長の命令で、機関銃で銃撃しているドイツ兵士に援護射撃を行い、ドイツ軍の機関銃陣地を破壊した後で、マイケル・ホーヴァス一等軍曹の命令で、突撃し、安全ピンを外したMkII手榴弾をマイケル・ホーヴァス一等軍曹に渡し、安全ピンを外したMkII手榴弾をドイツ軍の砲台の中に投げ込み、ドイツ軍の砲台を制圧し、ノルマンディー上陸作戦から3日が経過し、海岸の駐車場に集合し、マイケル・ホーヴァス一等軍曹からジョン・H・ミラー中隊長を隊長として、ジェームズ・フランシス・ライアン二等兵を救出するためにヌーヴィルに向かう任務の説明を受け、ヌーヴィルに向かい草原を歩き、ジェームズ・フランシス・ライアン二等兵を救出するために八人が命を懸けることを理解できず、アーウィン・ウェイド四等衛生兵にジェームズ・フランシス・ライアン二等兵の母親の気持ちを考えてみろと言われ、ティモシー・アパム五等技能兵に「理由は問わず、ただ死すのみ」と言われ、ジョン・H・ミラー中隊長に「フーバーな任務でもですか?」と質問し、ジョン・H・ミラー中隊長に「フーバーな任務ならなおさらだ」と言い返され、ダニエル・ジャクソン二等兵が「俺と狙撃銃をこんな所じゃなくて、どこかヒトラーを狙える距離においてくれたら、そしたら、こんな戦争、一発で終わらせて見せますよ」と言うのを聞いて、呆れ、ジョン・H・ミラー中隊長に「部下には、ぼやかん。指揮官だからな。ぼやきも階級順でな、下から上へとぼやくようになっているんだ。お前は俺に、俺は上官に、上官はそのまた上にぼやくって具合に、俺はお前らの前では絶対にぼやかない」と言われ、ジョン・H・ミラー中隊長に「俺が少佐だったとしたら、なんといいます?」と聞き返し、ジョン・H・ミラー中隊長に「少佐殿、これは実に素晴らしい崇高な任務であると考えます。全力で、任務に遂行にあたらせていただきます。ジェームズ・ライアン二等兵の母親の気持ちを思えば、私や部下の命など惜しくはありません”そう、特にお前の命はな。ライベン」と言われ、雨の中、村にたどり着き、ティモシー・アパム五等技能兵に続いて、村に近づき、村の反対側へ移動することになり、エイドリアン・カパーゾ二等兵と共に部隊を先導し、ティモシー・アパム五等技能兵にジョン・H・ミラー中隊長の出身を当てたら賞金が貰え、学校なんか行っていないし、死んだGIの体で出来ていると教え、ドイツ軍の狙撃兵がエイドリアン・カパーゾ二等兵が狙撃し、ダニエル・ジャクソン二等兵がドイツ軍の狙撃兵を狙撃し、エイドリアン・カパーゾ二等兵は戦死し、「クソ、ライアンめ」とつぶやき、小休憩しているときに壁が崩れ、ドイツ兵と小銃を持って対峙し、背後から現れた米国兵士たちに助けられ、ジェームズ・フレデリック・ライアン二等兵を見て「アホ面だ」と言い、ジェームズ・フレデリック・ライアン二等兵を紹介され、ジェームズ・フランシス・ライアン二等兵ではないことに気が付き、第101空挺師団第506空挺歩兵連隊のC中隊に所属する人を紹介され、集合地点を教えられ、教会で3時間ほど休めることになり、横になりすぐに寝るダニエル・ジャクソン二等兵をすごいと言い、スタンリー・メリッシュ二等兵、ティモシー・アパム五等技能兵とアーウィン・ウェイド四等衛生兵と話をして、ジョン・H・ミラー中隊長から少しでも寝るように注意を受け、夜の戦火の中を集合地点に向かい、昼になって第99空輸飛行隊に所属している多数の負傷兵に遭遇し、負傷兵の傷の匂いを嗅ぐとチーズの匂いがして、傷が腐敗していることに気が付き、アメンド准将を守るために副操縦士を含む22名が戦死したと教えられ、どこも同じで、フーバーだと言い、認識票を確認するのを手伝い、ジェームズ・フランシス・ライアン二等兵が生きている方に懸け、ジェームズ・フランシス・ライアン二等兵がラメルの橋を守っていることを知り、ジョン・H・ミラー中隊長からドイツ軍がメルデル川を越えて、戦車を送り込み、シェルブールに向かう連合軍を側面から攻撃するために橋が重要だと教えられ、ラメルに向かい、第82空挺師団の兵士の死体を見つけ、レーダー基地の掩蔽壕にMG42機関銃でドイツ兵が待ち構えていることを知り、レーダー基地の掩蔽壕にMG42機関銃を潰す作戦で援護射撃を行い、4人のドイツ兵を倒したことを喜びますが、アーウィン・ウェイド四等衛生兵が戦死し、国防軍のドイツ兵を殴り、射殺しようとし、ジョン・H・ミラー中隊長に止められ、国防軍のドイツ兵にアーウィン・ウェイド四等衛生兵と第82空挺師団の兵士の死体の墓を掘るように命じられ、国防軍のドイツ兵を解放することを絶対に許せず、ジェームズ・フランシス・ライアン二等兵を救出する任務を放棄すると言い始め、マイケル・ホーヴァス一等軍曹からUS M1911A1自動拳銃を突きられても、任務に戻ろうとせず、ジョン・H・ミラー中隊長の仲裁により任務に戻り、アーウィン・ウェイド四等衛生兵と第82空挺師団の兵士の遺体を埋葬した後、任務を続け、ドイツ軍のOT810ハーフトラックの音に気が付き、地面に伏せ、ドイツ軍のOT810ハーフトラックが爆破され、ジェームズ・フランシス・ライアン二等兵に出会って驚き、ジェームズ・フランシス・ライアン二等兵に米国に帰還することを拒否され、ラメルにあるメルデレ川にかかる橋を一緒にドイツ軍から守ることになり、ジョン・H・ミラー中隊長にどうやって戦車を上手く誘って潰すのかを質問し、”くっつき爆弾”をなけなしの靴下出して作り、マイケル・ホーヴァス一等軍曹、スタンリー・メリッシュ二等兵とティモシー・アパム五等技能兵と一緒にエディット・ピアフの「暗い日曜日」を聴きながら、話をして、ゆっくりと過ごし、ドイツ軍が近づいてくると、ケッテンクラートの後部座先に後ろ向きに座り、ドイツ軍を正面の道路に誘い込みますが、ドイツ歩兵が通過し、Savm/43自走砲も通過し、ドイツ兵に側面に回り込まれ、ティーガーI戦車とドイツ兵は正面の通りに入り、地面が揺れ、”くっつき爆弾”に点火させ、ティーガーI戦車の転輪に”くっつき爆弾”を取り付けさせ、地面に伏せて、ティーガーI戦車のキャタピラーを破壊しますが、ティーガーI戦車が反撃してくることに気が付き、ジェームズ・フランシス・ライアン二等兵を避難させ、ティーガーI戦車の中にMkII手榴弾を投げ込み、破壊しますが、20mm機関砲を破壊できずに、ジョン・H・ミラー中隊長、ジェームズ・フランシス・ライアン二等兵とティモシー・E・アパム五等技能兵を引き連れて後退し、Savm/43自走砲の砲撃により吹き飛ばされる鐘楼を見て、ドイツ兵との銃撃戦を始め、20mm機関砲を上から破壊しに行こうとしますが、ティーガーI戦車に行く手を阻まられ、アラモ砦に後退することになり、マイケル・ホーヴァス一等軍曹がUS M1A1バズーカでティーガーI戦車を攻撃するのを手伝い、後ろから胸を撃ち抜かれたマイケル・ホーヴァス一等軍曹を支えて、後退し、アラモ砦に到達し、ジョン・H・ミラー中隊長にティーガーI戦車が接近してくることを報告し、アラモ砦から後退し、撃たれているジョン・H・ミラー中隊長に出ないでくださいと言い、ジョン・H・ミラー中隊長を伏せさせ、起爆装置を取りに行こうとするジョン・H・ミラー中隊長に戻るように言い、連合国軍のP51がティーガーI戦車を爆撃し、ドイツ兵を空爆し、ジョン・H・ミラー中隊長の傷の様子を見て、応急処置を施し、衛生兵を捜すために立ち上がり、亡くなったジョン・H・ミラー中隊長からエイドリアン・カパーゾ二等兵の手紙を受け取ります。

スタンリー・メリッシュ二等兵

スタンリー・メリッシュ二等兵は、アダム・ゴールドバーグが演じるニューヨーク州ニューヨークヨンカーズの出身で、ユダヤ人で、口髭が特徴で、ノルマンディー上陸作戦で、フランスのノルマンディー地方のオハマ・ビーチに上陸し、斜面にたどり着き、マイケル・ホーヴァス一等軍曹に報告し、ジョン・H・ミラー中隊長の命令で、アーウィン・ウェイド四等衛生兵を呼びに行き、武器と弾薬を集め、爆薬筒で鉄条門を爆破した後で、ドイツ軍の砲台の下へ突撃し、砲台の下にたどり着き、ジョン・H・ミラー中隊長に銃剣を渡し、ジョン・H・ミラー中隊長の命令で、機関銃で銃撃しているドイツ兵士に援護射撃を行い、ドイツ軍の機関銃陣地を破壊した後で、マイケル・ホーヴァス一等軍曹の命令で、突撃し、ドイツ軍の砲台を制圧し、エイドリアン・カパーゾ二等兵からヒトラー・ユーゲントのナイフを受け取り、「こいつで、ユダヤのパンを切ろう」と言って、泣き崩れ、ノルマンディー上陸作戦から3日が経過し、海岸の駐車場に集合し、マイケル・ホーヴァス一等軍曹からジョン・H・ミラー中隊長を隊長として、ジェームズ・フランシス・ライアン二等兵を救出するためにヌーヴィルに向かう任務の説明を受け、ヌーヴィルに向かい草原を歩き、ティモシー・アパム五等技能兵に触れられて、ティモシー・アパム五等技能兵を列に戻れと怒り、ティモシー・アパム五等技能兵が出身を聞こうと思ってと言い訳を言い、ティモシー・アパム五等技能兵にジョン・H・ミラー中隊長の出身を聞くように言い、ティモシー・アパム五等技能兵が言う「理由は問わず、ただ、死すのみ」が理解できず、ジョン・H・ミラー中隊長から兵士の心構えだと教えられ、ジョン・H・ミラー中隊長がリチャード・ライベン一等兵にわざとぼやくのを聞いて、ジョン・H・ミラー中隊長を上手いねと褒め、雨の中、村にたどり着き、ティモシー・アパム五等技能兵に続いて、村に近づき、ドイツ軍のアナウンスに対して、「黙らないと、手前らも割礼しちまうぞ」と怒鳴り、村の反対側へ移動することになり、ティモシー・アパム五等技能兵にジョン・H・ミラー中隊長の出身地を当てるという賭けに1口5ドルで乗るかと言い、フランス人の家族と出会い、ドイツ軍の狙撃兵がエイドリアン・カパーゾ二等兵が狙撃し、エイドリアン・カパーゾ二等兵に助けに来て欲しいと言われ、エイドリアン・カパーゾ二等兵に頭を下げるように言い、エイドリアン・カパーゾ二等兵に手紙を書き写して送って欲しいと頼み、エイドリアン・カパーゾ二等兵に分かったと答え、ダニエル・ジャクソン二等兵がドイツ軍の狙撃兵を狙撃し、エイドリアン・カパーゾ二等兵は戦死し、ジョン・H・ミラー中隊長の命令で、ダニエル・ジャクソン二等兵と共に鐘楼を調べ、小休憩しているときに壁が崩れ、ドイツ兵と小銃を持って対峙し、背後から現れた米国兵士たちに助けられ、フレッド・ハミル大尉に出会い、ジェームズ・フレデリック・ライアン二等兵を紹介され、ジェームズ・フランシス・ライアン二等兵ではないことに気が付き、第101空挺師団第506空挺歩兵連隊のC中隊に所属する人を紹介され、集合地点を教えられ、教会で3時間ほど休めることになり、リチャード・ライベン一等兵、ティモシー・アパム五等技能兵とアーウィン・ウェイド四等衛生兵と話をして、ジョン・H・ミラー中隊長から少しでも寝るように注意を受け、夜の戦火の中を集合地点に向かい、昼になって第99空輸飛行隊に所属している多数の負傷兵に遭遇し、ドイツ人捕虜に「ユダヤ人」と言いふらし、認識票の中からジェームズ・フランシス・ライアン二等兵を見つけることに10ドルを賭け、ジェームズ・フランシス・ライアン二等兵がラメルの橋を守っていることを知り、ジョン・H・ミラー中隊長からドイツ軍がメルデル川を越えて、戦車を送り込み、シェルブールに向かう連合軍を側面から攻撃するために橋が重要だと教えられ、ラメルに向かい、第82空挺師団の兵士の死体を見つけ、レーダー基地の掩蔽壕にMG42機関銃でドイツ兵が待ち構えていることを知り、レーダー基地の掩蔽壕にMG42機関銃を潰す作戦で右から接近し、4人のドイツ兵を倒したことを喜びますが、アーウィン・ウェイド四等衛生兵が戦死し、国防軍のドイツ兵を殴り、射殺しようとし、ジョン・H・ミラー中隊長に止められ、国防軍のドイツ兵にアーウィン・ウェイド四等衛生兵と第82空挺師団の兵士の遺体の墓を掘るように命じられ、ティモシー・アパム五等技能兵に国防軍のドイツ兵にアーウィン・ウェイド四等衛生兵に撃ったのか聞くように言い、国防軍のドイツ兵を開放するジョン・H・ミラー中隊長をめちゃくちゃだと非難し、ジェームズ・フランシス・ライアン二等兵を救出する任務を放棄すると言うリチャード・ライベン一等兵とリチャード・ライベン一等兵にUS M1911A1自動拳を突きつけるマイケル・ホーヴァス一等軍曹に、「バカな真似は止せ、ジェームズ・フランシス・ライアン二等兵はきっともう死んでいますよ。勘で分かるんです」と仲裁し、アーウィン・ウェイド四等衛生兵と第82空挺師団の兵士の遺体を埋葬した後、「遠い日の思い出、この胸に抱いて、孤独の中、一人きりたたずむ。あなたの面影消えない、今でも・・・」と歌いながら歩き、任務を続け、ドイツ軍のOT810ハーフトラックの音に気が付き、地面に伏せ、ドイツ軍のOT810ハーフトラックが爆破され、ジェームズ・フランシス・ライアン二等兵に出会って驚き、ジェームズ・フランシス・ライアン二等兵に米国に帰還することを拒否され、ラメルにあるメルデレ川にかかる橋を一緒にドイツ軍から守ることになり、ジェームズ・フランシス・ライアン二等兵にエイドリアン・カパーゾ二等兵とアーウィン・ウェイド四等衛生兵が戦死したことを伝え、USブローニングM1917重機関銃を下で移動できるように配置し、”くっつき爆弾”を作り、ティモシー・アパム五等技能兵を連れて、.30-06スプリングフィールド弾を取り付けた布製給弾ベルトとMkII手榴弾を取りに行き、ティモシー・アパム五等技能兵に作戦を説明し、マイケル・ホーヴァス一等軍曹、リチャード・ライベン一等兵とティモシー・アパム五等技能兵と一緒にエディット・ピアフの「暗い日曜日」を聴きながら、話をして、ゆっくりと過ごし、ドイツ軍が近づいてくると、USブローニングM1917重機関銃の銃座につき、曳光弾付きの弾に困惑し、頭上のスペースを確保し、ティーガーI戦車が引き連れてきたドイツ兵を銃撃し、ティーガーI戦車の砲塔が動き始めると移動し、ティモシー・アパム五等技能兵に.30-06スプリングフィールド弾を取り付けた布製給弾ベルトを運ばせ、建物の2階に開いた穴にUSブローニングM1917重機関銃を配置し、ドイツ兵を銃撃し、ティモシー・アパム五等技能兵に.30-06スプリングフィールド弾を取り付けた布製給弾ベルトを持って来るのとジョン・H・ミラー中隊長にここは持ちそうにないと伝えさせ、ドイツ兵が投げ込んだDE M24柄付手榴を投げ返し、ティモシー・アパム五等技能兵に早く.30-06スプリングフィールド弾を持ってこいと叫び、USブローニングM1917重機関銃が弾詰まりを起こして、使用不能になり、階段から上がって来る人に「アパムか」と声をかけますが、返事がないので、壁越しに銃殺しますが、SS所属のドイツ兵と格闘になり、ヒトラー・ユーゲントのナイフを取り出し、SS所属のドイツ兵を殺そうとしますが、ヒトラー・ユーゲントのナイフで胸を刺殺されて、戦死します。

エイドリアン・カパーゾ二等兵

エイドリアン・カパーゾ二等兵は、ヴィン・ディーゼルが演じるイリノイ州シカゴの出身で、体格が良く、ノルマンディー上陸作戦で、フランスのノルマンディー地方のオハマ・ビーチに上陸し、斜面にたどり着き、マイケル・ホーヴァス一等軍曹に報告し、武器と弾薬を集め、爆薬筒で鉄条門を爆破した後で、ドイツ軍の砲台の下へ突撃し、砲台の下にたどり着き、ドイツ軍の機関銃陣地を破壊した後で、マイケル・ホーヴァス一等軍曹の命令で、突撃し、ドイツ軍の砲台を制圧し、スタンリー・メリッシュ二等兵にヒトラー・ユーゲントのナイフを手渡し、ノルマンディー上陸作戦から3日が経過し、海岸の駐車場に集合し、マイケル・ホーヴァス一等軍曹からジョン・H・ミラー中隊長を隊長として、ジェームズ・フランシス・ライアン二等兵を救出するためにヌーヴィルに向かう任務の説明を受け、ヌーヴィルに向かい草原を歩き、ティモシー・アパム五等技能兵にジョン・H・ミラー中隊長へ敬礼しないように注意し、ジョン・H・ミラー中隊長に出身を聞くように言い、ジョン・H・ミラー中隊長がリチャード・ライベン一等兵にわざとぼやくのを聞いて、ジョン・H・ミラー中隊長をお見事と褒め、雨の中、村にたどり着き、ティモシー・アパム五等技能兵に続いて、村に近づき、伝令がハチの巣にされることに怒り、ジョン・H・ミラー中隊長から伝言が伝わらぬよう息の根を止めておくという常套手段だと教えられ、絶句し、村の反対側へ移動することになり、リチャード・ライベン一等兵と共に部隊を先導し、ティモシー・アパム五等技能兵にジョン・H・ミラー中隊長の言葉の端々から出身の見当を付けていると言い、フランス人の家族に出会い、子供を預かり、ジョン・H・ミラー中隊長に子供を返すように命令されますが、命令を無視して子供を抱え、ジョン・H・ミラー中隊長に子供を奪われ、狙撃され、倒れ、スタンリー・メリッシュ二等兵に手紙を書き写して、送ってくれと頼み、戦死し、ジョン・H・ミラー中隊長が認識票を預かられ、アーウィン・ウェイド四等衛生兵が手紙を受け取られ、布を被せられます。

ディフォレスト

ディフォレストは、大隊付軍医で、オハマ・ビーチで銃弾を浴びて大量出血を伴う重傷を負い、アーウィン・ウェイド四等衛生兵により、手当てを受けていたが、止血中に銃弾がヘルメットを貫通して戦死しました。

アーウィン・ウェイド四等衛生兵

アーウィン・ウェイド四等衛生兵は、ジョヴァンニ・リビシが演じるカリフォルニア州サンディエゴの出身で、衛生兵で、赤十字のカークが付いたヘルメットや腕章が特徴で、ジョン・H・ミラー中隊長とマイケル・ホーヴァス一等軍曹との付き合いも長く、オハマ・ビーチに上陸し、ディフォレストを止血中に射殺され、ドイツ兵に対して激昂して我を失っいますが、ジョン・H・ミラー中隊長の命令でスタンリー・メリッシュ二等兵によって斜面に連れてこられ、兵士の出血を止めようとして、止血し、ノルマンディー上陸作戦から3日が経過し、海岸の駐車場に集合し、マイケル・ホーヴァス一等軍曹からジョン・H・ミラー中隊長を隊長として、ジェームズ・フランシス・ライアン二等兵を救出するためにヌーヴィルに向かう任務の説明を受け、ヌーヴィルに向かい草原を歩き、ティモシー・アパム五等技能兵に「本を書いているんだって?」と質問し、ティモシー・アパム五等技能兵から「戦場で兵隊同士の間に生まれる友情の話」と教えてもらい、リチャード・ライベン一等兵に「お袋さんの身になって見ろよ」と諫め、雨の中、村にたどり着き、ティモシー・アパム五等技能兵に続いて、村に近づき、ジョン・H・ミラー中隊長の命令で負傷兵を診ることになり、村の反対側へ移動することになり、負傷兵を抱えながらゆっくり進み、狙撃されたエイドリアン・カパーゾ二等兵にじっとしていろと声をかけ、ジョン・H・ミラー中隊長にエイドリアン・カパーゾ二等兵の様子を聞き、ジョン・H・ミラー中隊長に出てくるなと言い返され、マイケル・ホーヴァス一等軍曹に撃たれたらどうするんだ、俺に手当てをさせるのかと言われ、エイドリアン・カパーゾ二等兵が戦死し、ダニエル・ジャクソン二等兵がドイツの狙撃手を狙撃した後で、エイドリアン・カパーゾ二等兵を診て、胸が撃たれて戦死していることを確認し、エイドリアン・カパーゾ二等兵の手紙を受け取り、エイドリアン・カパーゾ二等兵に布を被せ、小休憩しているときに壁が崩れ、ドイツ兵と小銃を持って対峙し、背後から現れた米国兵士たちに助けられ、フレッド・ハミル大尉に出会い、ジェームズ・フレデリック・ライアン二等兵を紹介され、ジェームズ・フランシス・ライアン二等兵ではないことに気が付き、第101空挺師団第506空挺歩兵連隊のC中隊に所属する人を紹介され、集合地点を教えられ、教会で3時間ほど休めることになり、エイドリアン・カパーゾ二等兵の手紙を書き写し、リチャード・ライベン一等兵、ティモシー・アパム五等技能兵とスタンリー・メリッシュ二等兵と話をして、ジョン・H・ミラー中隊長から少しでも寝るように注意を受け、夜の戦火の中を集合地点に向かい、昼になって第99空輸飛行隊に所属している多数の負傷兵に遭遇し、ジョン・H・ミラー中隊長の命令で負傷兵に手当てをして、リチャード・ライベン一等兵に負傷兵の傷の匂いを嗅いで、チーズの匂いがするかを確認させ、傷が腐敗していることを教え、空挺兵が見ている横で認識票を確認することを止めさせ、ジェームズ・フランシス・ライアン二等兵がラメルの橋を守っていることを知り、ジョン・H・ミラー中隊長からドイツ軍がメルデル川を越えて、戦車を送り込み、シェルブールに向かう連合軍を側面から攻撃するために橋が重要だと教えられ、ラメルに向かい、第82空挺師団の兵士の死体を見つけ、レーダー基地の掩蔽壕にMG42機関銃でドイツ兵が待ち構えていることを知り、レーダー基地の掩蔽壕にMG42機関銃を潰す作戦で中央から接近し、銃撃を受けて戦死します。

ジョヴァンニ・リビシは、映画「アバター」映画「グローリー/明日への行進」にも出演しています。

ジョージ・マーシャル米軍参謀長官

ジョージ・マーシャル米軍参謀長官は、ハーヴ・プレスネルが演じる米軍のトップで、アブラハム・リンカーンの手紙を引用し、ジェームズ・フランシス・ライアン二等兵を救出するために救出隊を出して、捜し出し、何としてもジェームズ・フランシス・ライアン二等兵を戦地から連れ戻すことを決定します。

ショーン・ライアン

ショーン・ライアンは、三男で、オハマ・ビーチで戦死しました。

ピーター・ライアン

ダニエル・ライアンは、次男で、ユタ・ビーチで戦死しました。

ダニエル・ライアン

ダニエル・ライアンは、長男で、ニューギニアで戦死しました。

ウォルター・アンダーソン中佐

ウォルター・アンダーソン中佐は、デニス・ファリーナが演じる

ティモシー・アパム五等技能兵

ティモシー・アパム五等技能兵は、ジェレミー・デイビスが演じるマサチューセッツ州ボストンの出身で、フランス語は訛りがありますが、ドイツ語は正確に話すことができ、第29歩兵師団に所属し、翻訳と地図作成だけで実戦経験はなく、オハマ・ビーチに上陸し、ジョン・H・ミラー中隊長の命令で、ジェームズ・フランシス・ライアン二等兵を救出するためにヌーヴィルに向かう任務の説明を受け、タイプライターの代わりに小さな鉛筆を持って行くことになり、米軍のM1ヘルメットと間違えて戦利品のドイツ軍のヘルメットを持って行きかけ、ヌーヴィルに向かい草原を歩き、スタンリー・メリッシュ二等兵に触れ、気易く触るなと怒られ、エイドリアン・カパーゾ二等兵に敵の的にされるのでジョン・H・ミラー中隊長に敬礼するのを止めろと言われ、アーウィン・ウェイド四等衛生兵に戦場で兵隊同士の間に生まれる友情の物語の本を書きたいと言い、スタンリー・メリッシュ二等兵にジョン・H・ミラー中隊長の出身地を聞いてみろと言われ、ジェームズ・フランシス・ライアン二等兵を救出するという任務に納得していないリチャード・ライベン一等兵に「理由は問わず、ただ、死すのみ」と言い、フーバーという単語が分からず、雨の中、村にたどり着き、最初に村に近づき、マイケル・ホーヴァス一等軍曹にくっついて村の反対側へ移動することになり、リチャード・ライベン一等兵にジョン・H・ミラー中隊長の出身を聞いて、ジョン・H・ミラー中隊長の出身を当てたら賞金が貰えると教えられ、ダニエル・ジャクソン二等兵に
賞金は300ドルになっていると教えられ、スタンリー・メリッシュ二等兵に1口、5ドルで、賭けるかと聞かれ、マイケル・ホーヴァス一等軍曹にジョン・H・ミラー中隊長が入隊する前に何をしていたのかを聞いて、分からんと答えられて、リチャード・ライベン一等兵にジョン・H・ミラー中隊長が学校に行っていなくて、死んだGIの体で出来ていると言われ、エイドリアン・カパーゾ二等兵にだいたい見当をつけていると言われ、ダニエル・ジャクソン二等兵がエイドリアン・カパーゾ二等兵に騙されるなよと言われ、フランス人の家族と出会い、ジョン・H・ミラー中隊長の命令でドイツ軍はどこかと質問し、フランス人に子供を預かって欲しいと言われ、ジョン・H・ミラー中隊長に子供は預かれん、無理だと言えと言われ、エイドリアン・カパーゾ二等兵が命令を無視して、子供を預かり、エイドリアン・カパーゾ二等兵に大丈夫だと伝えてくれと言われ、ジョン・H・ミラー中隊長がエイドリアン・カパーゾ二等兵から子供を奪い、マイケル・ホーヴァス一等軍曹が子供を受け取り、エイドリアン・カパーゾ二等兵が狙撃され、ダニエル・ジャクソン二等兵がドイツ軍の狙撃兵を狙撃し、エイドリアン・カパーゾ二等兵は戦死し、小休憩しているときに壁が崩れ、ドイツ兵と小銃を持って対峙し、背後から現れた米国兵士たちに助けられ、フレッド・ハミル大尉に出会い、ジェームズ・フレデリック・ライアン二等兵を紹介され、ジェームズ・フランシス・ライアン二等兵ではないことに気が付き、第101空挺師団第506空挺歩兵連隊のC中隊に所属する人を紹介され、集合地点を教えられ、教会で3時間ほど休めることになり、リチャード・ライベン一等兵、スタンリー・メリッシュ二等兵とアーウィン・ウェイド四等衛生兵と話をして、ジョン・H・ミラー中隊長から少しでも寝るように注意を受け、ジョン・H・ミラー中隊長に慣れたかと聞かれ、すべてがいい経験になり、戦争は、人の感覚を磨き、意思を刺激し、肉体を強く鍛え上げ、その極限状態の中で、互いに相手を人間として見極めることができると答え、ジョン・H・ミラー中隊長にエマソンの言葉だなと見抜かれ、ジョン・H・ミラー中隊長に出身を聞いて、賞金が500ドルになったら、教えるので山分けにしようと答えられ、少し眠っておけと言われ、夜の戦火の中を集合地点に向かい、昼になって第99空輸飛行隊に所属している多数の負傷兵に遭遇し、ジョン・H・ミラー中隊長に分隊にジェームズ・フランシス・ライアン二等兵がいるかを確認するよう命令され、フーバーという言葉が分からず、ジョン・H・ミラー中隊長に空挺隊員にもジェームズ・フランシス・ライアン二等兵のことを聞いてこいと命令され、ジョン・H・ミラー中隊長が耳を負傷しているマイケルソンと筆談するために小さな鉛筆を手渡し、ジェームズ・フランシス・ライアン二等兵がラメルの橋を守っていることを知り、ジョン・H・ミラー中隊長からドイツ軍がメルデル川を越えて、戦車を送り込み、シェルブールに向かう連合軍を側面から攻撃するために橋が重要だと教えられ、ラメルに向かい、第82空挺師団の兵士の死体を見つけ、レーダー基地の掩蔽壕にMG42機関銃でドイツ兵が待ち構えていることを知り、レーダー基地の掩蔽壕にMG42機関銃を潰す作戦を後ろにある牛の死体の影に隠れて、ライフルのスコープで様子を伺い、ジョン・H・ミラー中隊長たちが掩蔽壕に突撃し、一斉に銃撃を受け、手榴弾を投げ込み、4人のドイツ兵を倒し、アーウィン・ウェイド四等衛生兵が戦死し、スタンリー・メリッシュ二等兵に国防軍のドイツ兵がアーウィン・ウェイド四等衛生兵を銃撃したのかを聞くように言われ、ジョン・H・ミラー中隊長に国防軍のドイツ兵が撃てないでくれと言っていると伝え、ジョン・H・ミラー中隊長に耳を貸すなと言い返され、ジョン・H・ミラー中隊長に国防軍のドイツ兵にアーウィン・ウェイド四等衛生兵と第82空挺師団の兵士の遺体の墓を掘るように命じられ、国防軍のドイツ兵と親しくなり、ジョン・H・ミラー中隊長に国防軍のドイツ兵は捕虜であり、銃殺するのを止めるようにお願いし、国防軍のドイツ兵を開放し、ジョン・H・ミラー中隊長にリチャード・ライベン一等兵が任務を離れることを止めるようにお願いし、リチャード・ライベン一等兵が任務に復帰し、アーウィン・ウェイド四等衛生兵と第82空挺師団の兵士の遺体を埋葬した後、任務を続け、ドイツ軍のOT810ハーフトラックの音に気が付き、地面に伏せ、ドイツ軍のOT810ハーフトラックが爆破され、ジェームズ・フランシス・ライアン二等兵に出会って驚き、ジェームズ・フランシス・ライアン二等兵に米国に帰還することを拒否され、ラメルにあるメルデレ川にかかる橋を一緒にドイツ軍から守ることになり、橋を見つめ、スタンリー・メリッシュ二等兵に引き連れられて、.30-06スプリングフィールド弾を取り付けた布製給弾ベルトが入っている箱とMkII手榴弾を取りに行き、スタンリー・メリッシュ二等兵に撃つだけ撃ったら、大急ぎで退却するので、予備の弾を持って待機していろと言い、フーバーの意味はバカ野郎な任務だと教え、マイケル・ホーヴァス一等軍曹、リチャード・ライベン一等兵とスタンリー・メリッシュ二等兵と一緒にエディット・ピアフの「暗い日曜日」を聴きながら、話をして、ゆっくりと過ごし、ドイツ軍が近づいてくると、.30-06スプリングフィールド弾を取り付けた布製給弾ベルトを肩にかけて、ジョン・H・ミラー中隊長についていきますが、ジョン・H・ミラー中隊長にUSブローニングM1917重機関銃はないと言われ、ダニエル・ジャクソン二等兵かスタンリー・メリッシュ二等兵の所へ持って行けと言われ、マイケル・ホーヴァス一等軍曹にダニエル・ジャクソン二等兵はいい、スタンリー・メリッシュ二等兵の所へ持って行けと言われ、スタンリー・メリッシュ二等兵の所へ向かい、スタンリー・メリッシュ二等兵と共に後退し、建物の2階上がり、.30-06スプリングフィールド弾を取り付けた布製給弾ベルトを肩から降ろして、スタンリー・メリッシュ二等兵にジョン・H・ミラー中隊長にここは持たないと伝え、.30-06スプリングフィールド弾を取り付けた布製給弾ベルトを持ってこいと言われて、銃弾飛び交う中、ジョン・H・ミラー中隊長の所に戻ろうとして、吹き飛ばされる鐘楼を見て、ジョン・H・ミラー中隊長の所には行けず、.30-06スプリングフィールド弾を取り付けた布製給弾ベルトを肩にかけて、スタンリー・メリッシュ二等兵に弾を届けようとしますが、恐怖で身動きが取れず、Savm/43自走砲とドイツ兵に阻まれて、階段を上がることができず、恐怖におびえながら、階段を上がり始めますが、スタンリー・メリッシュ二等兵とSS所属のドイツ兵の戦いに気が付き、階段の途中で腰を抜かして、泣き崩れて、SS所属のドイツ兵をやり過ごし、戦場を歩いていると、マイケル・ホーヴァス一等軍曹にアラモ砦へ後退しろと言われ、肩に.30-06スプリングフィールド弾を取り付けた布製給弾ベルトをかけたまま、泣き崩れ、橋を渡れず、アラモ砦へ行けずに取り残され、逃がした国防軍のドイツ兵が攻撃していて、ジョン・H・ミラー中隊長を銃撃するのを目撃し、ドイツ兵に小銃を向けて、降伏するように命令し、レーダー基地で逃がし、ジョン・H・ミラー中隊長を殺した国防軍のドイツ兵を撃ち殺します。

ウィリアム・ヒル軍曹

ウィリアム・ヒル軍曹は、ポール・ジアマッティが演じるドイツ占領下のフランスの村を守る米軍の下士官で、足首が痛めていて、村でドイツ軍に分断され、ドイツ軍と対峙し、ジョン・H・ミラー中隊長たちを援軍だと勘違いし、ジョン・H・ミラー中隊長にジェームズ・フランシス・ライアン二等兵の行方を聞かれ、ジェームズ・フランシス・ライアン二等兵を捜すために伝令を走らせますが、ドイツ軍に伝令を狙撃され、ジョン・H・ミラー中隊長に村の様子を説明し、ジョン・H・ミラー中隊長たちを先導し、村の反対側へ移動することになり、途中でフランス人家族に遭遇し、エイドリアン・カパーゾ二等兵が戦死し、小休憩しているときに壁が崩れ、ドイツ兵と小銃を持って対峙し、背後から現れた米国兵士たちに助けられます。

フレッド・ハミル大尉

フレッド・ハミル大尉は、テッド・ダンソンが演じる第101空挺師団第502空挺歩兵連隊に付属する指揮官で、米軍の尉官で、ジョン・H・ミラー中隊長にジェームズ・フランシス・ライアン二等兵の行方を聞かれ、ジョン・H・ミラー中隊長にジェームズ・フレデリック・ライアン二等兵を紹介し、ジェームズ・フランシス・ライアン二等兵ではないことに気が付き、第101空挺師団第506空挺歩兵連隊のC中隊に所属する人を紹介し、ジョン・H・ミラー中隊長に休憩するために教会を紹介し、ジョン・H・ミラー中隊長に戦況を聞き、今後の見通しを確認し、ジェームズ・フランシス・ライアン二等兵を見つけられるようにジョン・H・ミラー中隊長を励まします。

ジェームズ・フレデリック・ライアン一等兵

ジェームズ・フレデリック・ライアン一等兵は、ネイサン・フィリオンが演じるミネソタ州出身で、小学生の弟達がいて、フレッド・ハミル大尉に呼ばれて、リチャード・ライベン一等兵にアホ面だと陰口を言われ、ジョン・H・ミラー中隊長にジェームズ・フランシス・ライアン二等兵と間違えられて、兄弟たちが死んだと告げられて、泣き崩れ、故郷に帰りたいと言います。

デウィンド中尉

デウィンド中尉は、リーランド・オーサーが演じる第99空輸飛行隊で、327グライダー歩兵連隊を移送したパイロットで、アメンド准将を地上砲火から守るために取り付けられた鉄板の重さで、機体の重量オーバーで、機体が平衡を保てず、操縦桿と格闘し、腕が折れそうになり、輸送機から切り離されて、何とか高度を上げようと、必死にもがいたんですが、失速し、草が濡れている、下向き斜面に墜落し、22人が戦死し、ジョン・H・ミラー中隊長にジェームズ・フランシス・ライアン二等兵のことを質問されても答えられず、ジョン・H・ミラー中隊長に死体から外した数を数える気にもならないくらいの多くの認識票を渡します。

アメンド准将

アメンド准将は、米国第101空挺師団の副指令官で、グライダー歩兵連隊と共に前線に向かいますが、地上砲火から守るために取り付けられた鉄板の重さで、予定外の場所に不時着し、戦死します。

マイケルソン

マイケルソンは、ライアン・ハーストが演じる米国第101空挺師団第506空挺歩兵連隊のC中隊に所属し、ジェームズ・フランシス・ライアン二等兵の友人で、近くで手榴弾の爆発があり、耳が聞こえにくく、筆談で、ジョン・H・ミラー中隊長にラメルへ行く兵士を募っている部隊にジェームズ・フランシス・ライアン二等兵が参加したことを教えます。

国防軍のドイツ兵

国防軍のドイツ兵は、レーダー基地の下にある掩蔽壕でMG42機関銃で、米軍兵士を待ち伏せし、第82空挺師団隊員を殺害し、アーウィン・ウェイド四等衛生兵を殺害し、捕虜となり、第82空挺師団隊員とアーウィン・ウェイド四等衛生兵の遺体を埋める穴を掘り、ティモシー・アパム五等技能兵と仲良くなり、ジョン・H・ミラー中隊長に解放され、ドイツ軍に合流し、ラメルへ進軍し、ジョン・H・ミラー中隊長を銃殺し、ティモシー・アパム五等技能兵に両手を上げて降伏しますが、ティモシー・アパム五等技能兵に銃殺されます。

フレッド・ヘンダーソン伍長

フレッド・ヘンダーソン伍長は、マックス・マーティーニが演じる第101空挺師団第501空挺歩兵連隊の空挺兵で、ジェニウス大尉が戦死したため代わりに空挺兵の混成部隊の指揮を執っていて、ジェームズ・フランシス・ライアン二等兵とトインビー上等兵と共に、OT810ハーフトラックを待ち伏せし、破壊し、ジョン・H・ミラー中隊長と遭遇し、ラメルにあるメルデレ川にかかる橋を一緒にドイツ軍から守ることになり、ジョン・H・ミラー中隊長に残っている少ない武器・弾薬について説明をして、ジョン・H・ミラー中隊長の立てる作戦を実行し、ドイツ軍が近づいてくると、スタンリー・メリッシュ二等兵と共にUSブローニングM1917重機関銃に曳光弾付き銃弾を装填し、ティーガーI戦車に続く歩兵に銃撃し、ティーガーI戦車に狙われると、スタンリー・メリッシュ二等兵とティモシー・アパム五等技能兵と共に移動し、建物の2階に上がり、USブローニングM1917重機関銃に.30-06スプリングフィールド弾を布製給弾ベルトで装填し、USウィンチェスターM1自動小銃で壁越しに、ドイツ兵を銃殺し、壁から飛び出てきたSS所属のドイツ兵に喉を撃たれて、苦しみながら戦死します。

トインビー上等兵

トインビー上等兵は、ディラン・ブルーノが演じる第101空挺師団第506空挺歩兵連隊の空挺兵で、フレッド・ヘンダーソン伍長とジェームズ・フランシス・ライアン二等兵と共に、OT810ハーフトラックを待ち伏せし、破壊し、ジョン・H・ミラー中隊長と遭遇し、ラメルにあるメルデレ川にかかる橋を一緒にドイツ軍から守ることになります。

パーカー

パーカーは、ディミトリ・ゴリトサスが演じる第101空挺師団の空挺兵で、ダニエル・ジャクソン二等兵と共に鐘楼の上から、USブローニングM1917重機関銃でティーガーI戦車に続くドイツ軍歩兵に銃撃し、Savm/43自走砲の砲撃により戦死します。

SS所属のドイツ兵

SS所属のドイツ兵は、建物の壁から飛び出し、フレッド・ヘンダーソン伍長の喉を銃撃し、スタンリー・メリッシュ二等兵と格闘になり、スタンリー・メリッシュ二等兵の胸をナイフで刺して殺し、.30-06スプリングフィールド弾の布製給弾を肩にかけ、階段の途中で腰を抜かして、泣き崩れているティモシー・アパム五等技能兵の前を通り、去っていきます。

単語説明

星条旗は、米国の国旗です。

上陸艇は、輸送船から兵員・車両といった上陸部隊を乗せて短い距離を航走し、岸辺に接舷または直接乗り上げることで上陸させるための小型舟艇のことです。

左舷は、船尾から船首に向かって左側の船の側面です。
右舷は、船尾から船首に向かって右側の船の側面です。

迫撃砲は、簡易な構造からなる火砲で、少人数で運用でき操作も比較的簡便なため、砲兵ではなく歩兵の装備であることが一般的で、高い射角をとることから砲弾は大きく湾曲した曲射弾道を描き、最前線の戦闘部隊にとっては直協支援火器の一つです。

実弾穴と砲弾穴は同じ物を指し示し、砲撃や爆撃によってできた穴で、兵士が落ちると、抜け出しにくいです。

散開とは、戦闘のとき、敵の銃砲からの損害を少なくするため、各兵が間隔をおいて散らばることです。

司令部は、ノルマンディー上陸作戦の間、ポーツマスの北側にあるサウスウィックハウスにあり、連合国遠征軍最高司令部最高司令官として任命されたドワイト・アイゼンハワー米国陸軍大将もいました。

エイブラハム・リンカーンは、南北戦争時代の第16代米国大統領で、ボストンのビクスビー夫人宛ての手紙でも有名です。
映画「リンカーン」
ビクスビー家の息子は、5人とも名誉の戦死をしたごとく広まっていましたが、実際には戦死したのは2人だけです。
1人は捕虜になりましたが捕虜交換で無事帰還し、2人は南軍やキューバに逃亡していました。

ナイランド兄弟は、第二次世界大戦で軍隊に所属した、米国人の四兄弟で、3人の兄弟の死亡が報告されたのち、1人だけが生き残ったと思われて、ソウル・サバイバー・ポリシーにより、生き残った1人が米国に帰還させられました。
この実話を基に、映画が製作されたと言われています。

ソウル・サバイバー・ポリシーは、「生存者のための特別分離政策」のことで、軍務により家族を失った生存している兵士を戦闘任務から守って生存させることを目的として作られた米軍の規則です。

米国軍参謀長官は、大将のことで、米国陸軍のトップです。

准将は、米国陸軍の将校、または士官です。

中佐は、米国陸軍の佐官です。

大尉は、米国陸軍の尉官です。

中尉は、米国陸軍の尉官です。

一等軍曹は、米国陸軍の下士官です。

軍曹は、米国陸軍の下士官です。

四等衛生兵は、米国陸軍の兵士で、特技兵です。

五等技能兵は、米国陸軍のの兵士で、特技兵です。

一等兵は、米国陸軍の兵士です。

二等兵は、米国陸軍の兵士で、最下位の兵士です。

通信兵は、通信技能の教育を受けて、通信機器を使用して、司令部との通信を行う兵士です。

狙撃手は、標的から長距離を隔てて、狙撃銃で狙撃を行うために専門的な訓練を受けた兵士です。

伝令は、命令を伝える兵士です。

止血は、出血してしまったときに、応急処置として出血を止めるために、血管を塞ぐ措置です。

モルヒネは、脳内や脊髄に作用し、痛みを脳に伝える神経の活動を抑制することで、痛みを和らげる効果があります。

鉄条門は、有刺鉄線で作られた柵で、兵士の前進を防ぐために設置されます。

ヒトラー・ユーゲントは、10歳から18歳の青少年全員の加入が義務づけられたドイツの青少年団体です。

ユダヤのパンは、ユダヤ教徒が安息日やユダヤ教の祝祭日に食べるパンです。

ビュイックスーパーは、GM社が製造していた高級車です。

空挺兵は、パラシュートやグライダーなどによる降下を実施する能力を備えている兵士です。

パラシュートは、傘のような形状で空気の力を受けて速度を制御できるので、航空機は着陸することなく、航空機から直接、降下技術を持った兵士を降下するために使用しますが、風の影響を受けやすく、バラバラに降下して、降下後の部隊行動が迅速に行えないことがあります。

グライダーは、動力を持たず他の航空機に曳航され、適度な広さを有する平地に強行着陸し、着陸後に機体より兵員、車両や火砲を降ろすので、技術が必要なく、ある程度の兵員、車両や火砲を降下させることができ、降下後の部隊行動が迅速に行えます。

師団は、いくつかの旅団、または連隊を含み、いくつかの師団が集まって軍団を構成します。

Dデイは、1944年6月6日で、ノルマンディー上陸作戦が実施された日です。

歩兵戦闘部隊は、歩兵部隊、戦車部隊と砲兵部隊からなる混合部隊です。

捕虜は、米軍に陥ったドイツ兵です。

憲兵隊は、米軍の維持を行う軍警察です。

実践経験は、敵兵と敵対し、銃で戦闘する経験です。

敬礼は、軍内で下位の者が上位の者に対して行う動作ですが、見ている人には誰が上位の者か分かってしまいます。

フーバー(FUBAR)は、ドイツ語ではなく、Fucked Up Beyond All Recognitionの略で、「どうしようもない程にめちゃくちゃな状態」という意味です。

指揮官は、部隊長ですが、戦死などにより、現場に存在する最上位の者が臨時で指揮権を行使して指揮を執ることもあります。

上官は、より上の階級の軍人です。

階級は、軍の命令系統で、この映画では上から参謀長官、准将、中佐、大尉、中尉、一等軍曹、軍曹、四等衛生兵、五等技能兵、一等兵と二等兵です。
二等兵は、最下位の階級です。

雷鳴と稲妻は、兵士どうしが敵味方を見分ける、合言葉です。

連隊は、師団または旅団の下の単位で、数個の大隊または中隊によって構成されます。

自由の女神は、米国のニューヨーク港内、リバティ島にあり、米国の独立100周年を記念して、独立運動を支援したフランス人の募金によって贈呈され、完成した米国の自由と民主主義の象徴する高さは93メートル、総重量は225トンもある像です。

割礼は、ユダヤ教徒などの宗教儀式で、男性もしくは女性の性器の一部を切開あるいは切除することです。

音の速度より弾丸の速度が速いので、銃声が聞こえる前に、銃撃を受けた場合、狙撃手との距離を把握し、距離から狙撃手の能力を把握することができます。

スコープは、狙撃銃に装備され、長距離精密射撃を目的とする望遠鏡機能を持つ小型の光学照準器で、目標を十字線に合わせて使用しますが、銃弾は風や距離等に影響されますが、光は風や距離等に影響されずに直進するので、風の状況や距離に応じて調整して、使用します。

認識票は、二枚式の5cm程度の大きさのアルミニウム製やステンレス製で、氏名、生年月日、性別、血液型、所属軍、認識番号、信仰する宗教などが二枚の認識票に同じ内容が打刻され、戦死時に遺体が原形を留めないほど損壊しても、認識票が無事ならば個人識別が可能で、戦場において戦死した際に一方を回収し、戦死報告用として使用し、残りは判別用に遺体に付けたままにします。

鐘楼は、教会において鐘を設置するために設けられた施設で、周囲の建物よりも高く、狙撃兵が配置されることが多いです。

レンジャー隊員は、天候・気象に関わらず、長距離かつ数昼夜に渡り、悪条件を克服して任務達成するための課程教育を修了して、任務に就く兵士です。

ヘンゼルとグレーテルは、グリム童話に収録されている童話で、食べる食料を減らすために、両親に森の中に置き去りにされる兄と妹です。

インターンは、特定の職の経験を積むために、企業や組織において労働に従事している期間です。

ラルフ・ワルド・エマソンは、19世紀の米国の思想家、哲学者、作家、詩人、エッセイストで、超絶主義の先導者で、「戦争は人の感覚を磨き、意思を刺激し、肉体を強く鍛え上げ、その極限状態の中で、互いに相手を人間として見極めることができる」という言葉を残しています。

空輸飛行隊は、現在の空軍のことです。

負傷兵からチーズの匂いがするのは、傷口に菌が付着し、腐敗し、発酵して匂うようになっている状態です。

ユダヤ人は、ユダヤ教を信じている人で、ナチス・ドイツはユダヤ人を迫害し、虐殺していました。

レーダー基地は、軍事用レーダーの地上固定局で監視情報を他の関連部署と共有し、軍事目的に利用するための施設です。

掩蔽壕は、砲撃や爆撃から兵士を守るために非常に頑丈にできており、通常の爆弾や砲弾では破壊することはできない地下や山を掘りぬいて作られた軍事建造物です。

病院船は、戦争で、傷病者に医療処置を提供したり、病院の役割を果たすために使用される船舶です。

肝臓は、腹部の右上に位置する最大の内臓で、体内維持に必須の機能も多く、体内の維持に大きな役割を果たしています。

連合軍は、米国、イギリス、フランスなどの26カ国で、日本、ドイツ、イタリアに敵対した国々です。

TNTは、トリニトロトルエンの略号で、爆薬です。

B火薬は、黒色火薬より強力で、最初の無煙火薬です。

信管は、爆弾を構成する部品の一つで、起爆させないための安全装置があり、起爆時期を感知し、安全装置を解除し、爆薬を爆発させる装置です。
雷管は、起爆時期を感知する機能がなく、銃や砲の発射薬に点火する装置です。

十字砲火は、機関銃のような自動火器を使用した戦術で、2つの機関銃から発射される銃弾を交差させる戦術で、防御において大きな効果を発揮する戦術です。

アラモ砦は、テキサス独立戦争の1836年2月23日から3月6日までに、テキサス人の小部隊がたてこもった砦で、メキシコ軍に包囲され、殲滅されました。

エディット・ピアフは、フランスで最も愛されているバラード歌手で、「TU ES PARTOUT」という曲が映画の中で流されます。

パンサー戦車は、ドイツ軍の中戦車で、主砲は強力な70口径7.5cm KwK42で、乗員5名です。
登場はしません。

曳光弾は、発光体を内蔵した特殊な弾丸で、射撃後、飛んでいく間に発光することで軌跡がわかるようになっていて、射手に弾道を示し、軌跡を知ることで射撃中に方向を修正することができるため、対空射撃、または航空機からの合図のために使用されますが、欠点は発射元の位置も推測されてしまうことです。

米国第101空挺師団は、6,600名もの兵士がノルマンディー一帯にパラシュートによる降下作戦を行いましたが、集結できたのは1,100人に過ぎず、夕方になっても2,500人だけが集結し、カランタン郊外でドイツ空挺師団と戦い、カランタン一帯を制圧した後、進軍してきた地上部隊の工兵隊がベイリー橋を架橋し、カランタンの町中心部を制圧しました。

米国第82空挺師団は、ユタビーチに上陸した地上部隊がラフィーレの橋を渡って内陸に向える様にラフィーレの橋を確保しました。
ドイツ軍は、ユタビーチに上陸する部隊を撃退するために、ラフィーレの橋を奪おうとして米国第82空挺師団と激戦を行いましたが、ドイツ側の手にラフィーレの橋が落ちることはありませんでした。

武器・戦車・航空機

C47スカイトレイン機は、米軍の輸送機で、乗員は3名で、28名の兵員を搭載できます。

USウィンチェスターM1は、米軍の自動小銃で、.30カービン弾を最大30発を装填し、850発/分で発射でき、有効射程は300mです。

スプリングフィールド M1903は、米軍のボルトアクションライフルで、狙撃銃として使用され、.30-06スプリングフィールド弾を最大5発を装填し、有効射程距離は450mです。

スプリングフィールドM1は、米軍の自動小銃で、.30-06スプリングフィールド弾を最大8発を装填し、有効射程距離は450mです。

US M1918 “BAR(Browning Machine Rifle)” は、米国の軽機関銃で、.30-06スプリングフィールド弾を最大20発を装填し、650発/分で発射でき、有効射程は550mです。

USトンプソンM1A1は、米軍の短機関銃で、.45ACP弾を最大100発を装填し、700発/分で発射でき、有効射程は40mです。

USブローニングM1917は、 米軍の重機関銃で、.30-06スプリングフィールド弾を最大250発を布製給弾ベルトで装填でき、600発/分で発射でき、有効射程は2300mです。

US M1911A1は、米軍のシングルアクション 自動拳銃で、.45ACP弾を最大10発を装填し、発射でき、有効射程は30mです。

MkII手榴弾は、米軍の手榴弾で、重さは600gで、標準的な兵士で約40mを投げることができ、有効殺傷範囲は5m~10mで、「パイナップル」の愛称で呼ばれていました。

US M1A1バズーカは、米軍のロケット式の対装甲火器で、M6ロケット弾を1発装填し、装填し直すことで、再使用でき、有効射程は130mです。

M49A2 HE弾は、60mm迫撃砲弾で、重さは約1.34kgで、迫撃砲弾の安全ワイヤーを外し、迫撃砲弾の底板にガツンっと打ち付けて、敵に投げること使用します。

US M1火炎放射器は、米軍の携帯型火炎放射器で、発射回数も3回で、有効放射距離は30mです。

US M1A1バンガロール爆薬筒は、1つ1つは1-2m程度の細長い筒状の爆薬筒で、これを連結することで長く伸ばして使用され、地雷や鉄条網などの障害物を爆破撤去するための工兵用装備です。

火炎瓶は、ビール瓶などの手頃な大きさの容器に石油などの燃料を詰め、導火線となる燃料を染み込ませた布などを容器に巻き付けるか口の部分に差し込んだ投擲用の武器です。

P51マスタングは、米国空軍で運用されたレシプロ単発単座戦闘機です。

MG42機関銃は、ドイツ軍の汎用機関銃で、7.92x57mmモーゼル弾を最大100発ドラムマガジン、または布製給弾ベルトで装填でき、1,500発/分で発射でき、有効射程距離は1,000mで、戦闘時には銃の脇に予備銃身をおき、時々交換して冷却しながら使用していました。

8.8cm FlaK 18/36/37は、88mm砲と呼ばれ、ドイツ軍の口径88mmの地対航空機の高射砲で、地対戦車にも使用され、20発/分で発射でき、有効射程は、地対航空機で7,600m、地対戦車で14,810mです。

はねあげ式44年式スプリング型対人地雷は、ドイツ軍の爆薬により地中から1.2mの高さの空中へ飛び出して炸裂する空中炸裂型地雷で、通常の地雷と違い、地雷を踏んだ兵士だけではなく、その周囲にいる兵士にも被害をおよぼすため、兵士に大きな脅威となっていました。

43年式大型対戦車地雷は、ドイツ軍の対戦車地雷で、戦車を破壊し、乗員全員が戦死させる威力があります。

マウザーKar98Kは、ドイツ軍のボルトアクションライフルで、7.92x57mmモーゼル弾を最大5発を装填し、初速は760m/sで音速より早く、有効射程距離は500mで、照準器装備の場合は有効射程距離は1,000mです。

エルマベルケMP40は、ドイツ軍の短機関銃で、9x19mmパラベラム弾を最大32発装填し、500発/分で発射でき、有効射程距離は100~200mです。

DE M24柄付手榴は、ドイツ軍の柄付手榴弾で、重さは600gで、標準的な兵士で約40mを投げることができ、有効殺傷範囲は10mです。

RPzB43は、ドイツ軍の対戦車ロケット発射器で、射手と装填手の2人組で運用され、1発装填し、装填し直すことで、再使用でき、有効射程距離は100~200mです。

OT810ハーフトラックは、ドイツ軍の中型装甲兵員輸送車で、主砲はMG34機関銃で、乗員10名です。

ケッテンクラートは、ドイツ軍の軍用トラクターで、2本の無限軌道で駆動し、1輪の前輪で操舵し、操縦席の他に2座席がエンジンルーム後方に後向きに備わっています。

ティーガーI戦車は、ドイツ軍の重戦車で、主砲は56口径8.8cm KwK 36L/56で、乗員5名です。

マーダーⅢ自走砲は、ドイツ軍の対戦車自走砲で、主砲は7.5cm PaK40/3 L/46で、乗員4名です。

Savm/43自走砲は、ドイツ軍の突撃砲で、主砲は75mm砲で、乗員4名です。

最後のセリフ

「頑張ったわ」です。

年表

1944年6月5日午前1時30分、第101空挺師団と米国第82空挺師団がノルマンディー一帯に降下作戦を行いました。
第101空挺師団と米国第82空挺師団の輸送機は、米国兵士を安全に降下させるために速度を減速しなければなりませんでしたが、対空砲火にパイロットが気を動転させてしまったため、減速できず、米国兵士が降下してパラシュートを開いた瞬間、強い力で下に引っ張られてしまい、計画通りの降下とならず、広範囲に米国兵士を降下させてしまいました。
海や沼に降下した米国第101空挺師団の米国兵士は、溺死しました。
米国第101空挺師団の6,600名の米国兵士のうち集結できたのは1,100人に過ぎず、夕方になっても2,500人しか集結できませんでした。
米国第82空挺師団の兵士の一部がまとまって、サント・メール・エグリース村に降下できたため、サント・メール・エグリース村はノルマンディー上陸作戦において最初に開放された村となり、空挺師団の防衛の要となりました。

連合軍掃海艇は、使用してノルマンディーの沖合でドイツ軍の機雷を除去しました。
連合軍航空機は、フランス国内のドイツ軍を空爆しました。

1944年6月6日午前1時40分から午前3時、連合軍の艦船は、ノルマンディーの沖合に到達しました。
午前3時、ドイツ軍は、ノルマンディーの沖合にいる連合軍の艦船に気が付きましたが、攻撃はしませんでした。
午前5時、連合軍は、輸送艦上から上陸用舟艇に乗り込みました。
連合軍の軍艦は、ノルマンディーに艦砲射撃を開始しました。
連合軍航空機は、ノルマンディーに空爆を実施しました。

午前6時30分、ノルマンディー上陸作戦が始まり、米国兵士はオマハ・ビーチに上陸を開始しました。
オマハ・ビーチのドイツ砲台にいるドイツ軍は、米国兵士が近づいてくるのを待って、一斉に攻撃を開始しました。
米国兵士がオマハ・ビーチに上陸する前に、オマハ・ビーチのドイツ砲台を破壊することができませんでした。
米国兵士は、27両の戦車を水没させ、2輌の戦車しかオマハ・ビーチに上陸できませんでした。
米国兵士は、残りの3両の戦車を直接、上陸させました。
午前9時30分、米国兵士はオマハ・ビーチに上陸しても次々と殺され、負傷しました。
連合軍の軍艦は、オマハ・ビーチのドイツ砲台を破壊しました。
午後2時、米国兵士はオマハ・ビーチのドイツ兵士を制圧しました。
オマハ・ビーチに上陸をしようとした34,250名の米国兵士のうち、2499人が戦死し、3184人が負傷し、1928人が行方不明になり、26人が捕虜となりました。

1944年6月9日、ジョン・H・ミラー大尉は、ジェームズ・フランシス・ライアン二等兵を救出する作戦の命令を受けます。(フィクション)

1944年6月13日、ジョン・H・ミラー大尉は、戦死しました。(フィクション)

時代背景

1915年10月24日、イギリスは、アラブ人に対トルコ戦協力を条件にパレスチナ独立支持を約束した「フサイン=マクマホン協定」を結びました。

1916年5月16日、イギリス、フランス、ロシアの間で結ばれたオスマン帝国領の分割を約した秘密協定、「サイクス・ピコ協定」を結びました。
この協定では、アラブ人のパレスチナ独立支持を認めない内容でした。

1917年11月2日、「バルフォア宣言」として、イギリス政府の公式方針として、パレスチナにおけるユダヤ人の居住地の建設に賛意を示し、その支援を約束しました。

1919年1月5日、ミュンヘンの「フュルステンフェルダー・ホーフ」というビアホールでドレクスラーが労働者24人と共にミュンヘンで「ドイツ労働者党」を結成しました。

1919年6月28日、連合国とドイツが、ヴェルサイユで講和条約を締結し、第一次世界大戦は終わりました。
ドイツは、ドイツの領土は縮小され、植民地を放棄し、軍備・兵器は制限され、賠償総額が1320億金マルクとされました。

1919年10月19日、アドルフ・ヒトラーは、「ドイツ労働者党」に入党しました。

1920年1月5日、アントン・ドレクスラーは、政党名を「ドイツ労働者党」から「国家社会主義ドイツ労働者党(ナチス)」に変更しました。
アドルフ・ヒトラーは、ナチスの第一宣伝部長に就任しました。

1921年7月29日、アドルフ・ヒトラーは、ナチスの議長に選出されました。

1923年1月11日、フランスとベルギーは、賠償金を支払わないドイツの石炭の73%、鉄鋼の83%を生産するルール地方の占領を開始しました。
ドイツは、ルール地方でストライキを行い、ドイツ経済は破綻し、ハイパーインフレーションに陥りました。

1923年11月8日、ミュンヘンのビュルガーブロイケラーというビアホールで行われていたバイエルン州総督グスタフ・フォン・カールの演説会に、アドルフ・ヒトラーらが乱入し、クーデター未遂事件を起こしましたが、1日で鎮圧されました。
1923年11月9日、バイエルン州は、ナチスに対して、活動禁止命令を下しました。
1923年11月23日、ドイツは、ナチスに対して、活動禁止命令を下しました。

1924年4月1日、アドルフ・ヒトラーは、ランツベルク・アム・レヒの要塞刑務所の7号室で5年の城塞禁固刑となりました。
アドルフ・ヒトラーは、「我が闘争」の執筆を開始しました。
1924年5月4日、ドイツの総選挙において、ナチスの偽装政党である「国家社会主義自由運動」が32議席を獲得しました。

1924年9月26日、米国は、フランスにルール占領の解消、賠償金額の免除と段階的引き上げにするドーズ案を受け入れさせました。
1924年10月、フランスとベルギーは、ドイツのルール地方から撤退を開始しました。

1924年12月20日、アドルフ・ヒトラーは、保護観察処分に減刑され、仮出獄されました。

1925年2月16日、バイエルン州首相ハインリヒ・ヘルトは、ナチス再結成を許可しました。
1925年2月27日、ナチスはビュルガーブロイケラーでナチス再結党大会という集会を開催し、アドルフ・ヒトラーは演説をしました。
1925年7月18日、アドルフ・ヒトラーは、「我が闘争」の第1巻を出版しました。
1926年12月11日、アドルフ・ヒトラーは、「我が闘争」の第2巻を出版しました。
1928年5月20日、ナチスは、初めての国政選挙で、12議席を獲得しました。

1929年10月24日、ニューヨーク証券取引所の株が大暴落することから始まり、日本を含む世界中の株が大暴落した世界大恐慌が発生しました。
日本では、昭和恐慌と呼ばれています。

1930年3月12日、ガンジーは、「塩の行進」をアーメダバードから始めました。
1930年4月6日、ガンジーは、「塩の行進」をダーンディーに到着し、世界中のメディアが伝えました。
映画「ガンジー」

1930年9月14日、ナチスは、国政選挙で、107議席を獲得し、第二党になりました。

1931年9月18日、日本軍は、満洲事変を起こして満洲全土を占領しました。
1932年3月1日、日本は、満州国の独立を宣言しました。

1932年3月13日、ドイツの大統領選挙で、アドルフ・ヒトラーは、30%の票を獲得しますが、大統領には選出されませんでした。

1932年7月31日、ナチスは、国政選挙で、203議席を獲得し、第一党になりました。

1932年9月15日、日本は、満州国の独立を承認しました。
1932年10月1日、国際連盟理事会に満州国の独立を認めないリットン報告書が提出されました。

1932年11月6日、ナチスは、国政選挙で、196議席を獲得し、第一党を維持しました。
1933年1月30日、アドルフ・ヒトラーが首相に任命され、アドルフ・ヒトラー内閣が成立します。

1933年2月24日、国際連盟理事会は、リットン報告書に対する同意確認の結果、賛成42票、反対1票(日本)、棄権1票(タイ)、投票不参加1国(チリ)となり、満州国は認められませんでした。

1933年2月27日、ドイツの国会議事堂が放火され、炎上しました。
1933年2月28日、ドイツは、国家防衛緊急令を公布しました。
1933年3月1日、ドイツは、反逆防止緊急令を公布しました。
ドイツの言論の自由や所有権は著しく制限されました。
ドイツ政府は、連邦各州の全権を掌握し、反ナチスとみなす人、左翼思想家を強制収容所へ送り込む法的根拠となりました。

1933年3月8日、日本は、国際連盟を脱退しました。

1933年3月24日、ドイツは、全権委任法が成立しました。
アドルフ・ヒトラーは、議会を通すことなく、法律を作ることができることになり、ドイツの議会政治は終わり、独裁政治が始まりました。
ドイツでは、ユダヤ系ドイツ人に激しい迫害が加えられましたが、国交を結んでいるユダヤ系ポーランド人は比較的迫害から免れていました。
1933年10月14日、ドイツは、国際連盟を脱退しました。
1934年11月12日、ドイツの国際連盟脱退の是非を直接国民に問うために国民投票を実施し、95.1%という圧倒的多数の賛成により、ドイツの国際連盟脱退が支持されました。
1935年3月16日、ドイツは、ヴェルサイユ条約の軍事制限条項を破棄し、再軍備を宣言しました。

1935年3月27日、日本は、国際連盟の脱退が正式に発効されました。

1935年8月31日、アメリカ大統領フランクリン・ルーズベルトは、「中立法」を制定しました。
「中立法」は、戦争状態にある国が存在していること、または内乱状態にある国が存在していることを宣言した場合には、その国に対して武器や軍需物質の輸出を禁止します。

1937年5月28日、ネヴィル・チェンバレンがイギリス首相に就任しました。

1937年、ドイツは、反社会分子とみなす人、暴力団、売春婦、乞食、浮浪者、住所不特定の者、労働忌避者、同性愛者、アルコール中毒者、訴訟を大量に起こしている者、交通規則違反者、絶えず職場に遅刻する者、無断で休暇を取る者、自分の職務以外の仕事を勝手に引き受けている者を強制収容所へ送り込むようになりました。

1938年3月13日、ドイツのアドルフ・ヒトラー総統は、オーストリアへ進駐し、歓迎を受けて、統合しました。
オーストリアは、「ドイツ帝国とオーストリアの再統一に関する法律」を決議し、発布しました。
ドイツは、「ドイツ帝国とオーストリアの再統一に関する法律」が公布されました。

1938年4月、ドイツのアドルフ・ヒトラー総統は、対チェコスロバキアへ進駐しました。

1938年9月29~30日、イタリアのベニート・ムッソリーニ首相が仲介し、イギリスのネヴィル・チェンバレン首相、フランスのダラディエ首相、ドイツのアドルフ・ヒトラー総統がドイツのミュンヘンで会談を行い、ドイツとの戦争を回避するために、ドイツの主張を受け入れ、チェコスロバキアのズデーテン地方をドイツへ譲渡することを認めるという融和政策で問題を解決しました。

1938年10月6日、ポーランドは、ドイツ在住のポーランド系ユダヤ人の旅券と国籍を無効にすることを決定しました。
1938年10月28日、ドイツは、ドイツ在住のポーランド系ユダヤ人の旅券と国籍を無効が無効になる前に、ドイツ在住のポーランド系ユダヤ人をポーランドに移送しました。
ポーランドは、ドイツ在住のポーランド系ユダヤ人の入国を拒否しました。
ドイツ在住のポーランド系ユダヤ人は、国境地帯で放浪し、窮乏し、餓死しました。

1938年11月7日、ドイツによって追放されたポーランド系ユダヤ人のヘルシェル・グリュンシュパン(17歳)は、ドイツ警察から非道の仕打ちを受けていることを世界に訴えるために、リボルバーを手にパリのドイツ大使館へ赴き、応対していた三等書記官エルンスト・フォム・ラートに二発の銃弾を撃ち込んで、殺害しました。
1938年11月9日、ドイツのSA(突撃隊)がユダヤ人の商店や企業を破壊しました。
1939年3月、ドイツは、ミュンヘン会談の合意に従わずに、チェコスロバキアを支配下にしました。

1939年5月~9月、日本とソ連は、満州国とモンゴル人民共和国の間の国境線をめぐっての間で断続的に日ソ国境紛争が発生しました。

1939年8月23日、ドイツとソ連は不可侵条約を締結するだけでなく、ドイツとソ連がポーランドへ進行することを認めていました。

1939年9月1日、ドイツ軍がポーランドへ侵攻しました。
ポーランドのダンツィヒ郊外にシュトゥットホーフ強制収容所が設置されました。

1939年9月3日、イギリスとフランスがドイツに宣戦布告しました。
1940年4月9日、ドイツ軍はデンマークとノルウェーに侵攻し、デンマークを占領しました。

1940年4月、ドイツが占領していたポーランドのアウシュヴィッツに巨大な強制収容所の建設を命じました。
ドイツは、ヨーロッパ中に強制収容所を建設しました。

1940年5月10日、ドイツ軍はフランス、オランダ、ベルギー、ルクセンブルクに侵攻を開始しました。
イギリスのネヴィル・チェンバレン首相が辞職し、ウィンストン・チャーチルが首相に就任しました。

1940年5月15日、ドイツ軍はオランダを占領しました。
1940年5月20日、ドイツ軍は英仏海峡に到達し、イギリス軍とフランス軍を包囲しました。
1940年5月21日、イギリス軍とフランス軍は、ドイツ軍の侵攻を遅らせるためにカレーから進軍し、ドイツ軍を反撃し、ダメージを与えました。
1940年5月22日、ドイツ軍は、カレーに向かって進軍しました。
1940年5月23日、イギリス軍とフランス軍は、カレーに後退しました。
1940年5月24日、ドイツ軍は、カレーを包囲し、降伏するよう説得しました。
イギリスとフランスからの抵抗せよという命令を受けたイギリス軍とフランス軍は、ドイツ軍に抗戦しました。
1940年5月25日、イギリス首相ウィンストン・チャーチルにダイナモ・ルーム(発電機があるドーバー城地下の海軍指揮所の一室) にて概要を説明したことから「ダイナモ作戦」と名づけられました。
1940年5月26日、イギリスは、「ダイナモ作戦」を実施し、ダンケルクから33万の連合軍兵士を撤退を開始しました。
カレーのイギリス軍とフランス軍は降伏しました。
1940年5月28日、ドイツ軍はベルギーを占領しました。
1940年6月4日、イギリスは、「ダイナモ作戦」によって、ダンケルクから30万の連合軍兵士を撤退させるのに成功しました。
映画「ウィンストン・チャーチル ヒトラーから世界を救った男」映画「ダンケルク」
1940年6月7日、ノルウェー国王は家族とともに英国に亡命しました。
1940年6月8日、連合国派遣軍は、ノルウェーからの撤退しました。
1940年6月9日、ドイツは、ノルウェーを占領しました。
1940年6月10日、イタリアが、イギリスとフランスに宣戦しました。
1940年6月14日、ドイツ軍は、パリに進軍しました。
1940年6月16日、フランスは、ドイツに休戦を申し入れました。
1940年6月22日、ドイツとフランスは、休戦条約に調印しました。
ドイツ軍は、パリを含む北部フランスを占領し、フランスにヴィシーを首都とするドイツの傀儡政権であるヴィシー政権を設立しました。
ドイツ軍は、フランス軍空軍基地をイギリス前進基地として使用可能になりました。
ドイツ軍は、ソ連への侵攻を開始しました。
日本は、イギリスにビルマおよび香港を経由する中国への物資輸送を閉鎖させました。

1940年7月1日、ドイツ軍は英国領チャンネル諸島を占領しました。
1940年7月10日、ドイツ空軍がイギリス空軍を発見し、攻撃しました。
1940年7月16日、ドイツは、イギリス上陸作戦の準備を始めました。
1940年7月22日、イギリスは、ドイツの和平案を拒否しました。
1940年8月1日、ドイツは、ドイツ空軍がイギリスの制空権を確保することを前提したイギリス上陸作戦を決定しました。
ドイツ空軍は、イギリス空軍の殲滅を第一に掲げられ、戦闘機の殲滅と飛行場や航空機産業も攻撃の対象にするよう指令を出しました。
1940年8月30日、ドイツは、爆撃目標をロンドンに変更しました。
1940年9月15日、ドイツ空軍は、大規模なロンドン空爆を行いましたが、大きな損害を出しました。
ドイツ空軍は、イギリスの制空権を取ることができませんでした。
ドイツ軍が初めて大敗を喫した戦いでした。
1940年9月17日、ドイツはイギリス上陸作戦を中止しました。

1940年9月27日、日本とドイツとイタリアは、日独伊三国同盟を締結しました。

1940年11月9日、イギリス前首相ネヴィル・チェンバレンは亡くなりました。

1941年3月11日、アメリカ合衆国は、レンドリース法成立させ、その国の防衛がアメリカ合衆国の防衛にとって重要であると大統領が考えるような国に対して、あらゆる軍需物資を、売却し、譲渡し、交換し、貸与し、賃貸し、あるいは処分することができるようになりました。

1941年4月13日、日本とソビエト連邦は、「日本国及ソヴイエト連邦間中立条約(日ソ中立条約)」を締結し、相互不可侵、一方が第三国に軍事攻撃された場合の他方の中立などを定めた全4条の条約本文、および、満州国とモンゴル人民共和国それぞれの領土の保全と相互不可侵を義務付けた声明書から構成され、有効期間は5年間で、有効期間満了1年前までに両国のいずれかが廃棄通告しなかった場合は5年間自動延長されるとしている。

1941年8月1日、アメリカ合衆国は、日本への石油の全面禁輸を行いました。
日本には石油の備蓄が平時で2年分、戦時で1年半分しかなく、石油がなくなる前に東南アジアの産油地帯を攻略することになりました。
東南アジアの攻略と資源の輸送ルートを考慮すると、アメリカ合衆国の植民地だったフィリピンおよびグアムの攻略も不可欠であり、アメリカ合衆国への開戦することになりました。日本への石油の全面禁輸と日本の東南アジアの攻略は、日本とアメリカ合衆国による太平洋戦争の原因になりました。

1941年8月、ドイツは、全ヨーロッパのユダヤ人を絶滅させることにしました。
1941年10月、ドイツは、アウシュヴィッツ強制収容所兼絶滅収容所でユダヤ人をガスで殺害し始めました。

1941年11月27日、アメリカ合衆国から日本に提示された交渉文書であるハル・ノートをもとにした交渉が決裂しました。

1941年12月8日、日本軍は、アメリカ合衆国ハワイのオアフ島の真珠湾にある米軍の太平洋艦隊と基地に対して攻撃しました。
日本海軍は、航空機54機を失い、航空機74機が損傷しました。
アメリカ海軍は、戦艦アリゾナ、戦艦オクラホマ、標的艦ユタ、戦艦カリフォルニアが沈没し、戦艦ウエストバージニア、機雷敷設艦オグララ、戦艦ネバダ、駆逐艦ショー、駆逐艦ダウンズ、駆逐艦カッシン、工作艦ヴェスタルが大破し、戦艦テネシー、戦艦メリーランド、戦艦ペンシルベニア、軽巡洋艦ロウリー、駆逐艦母艦ドビン、水上機母艦カーチスを損傷し、航空機188機を失い、航空機159機が損傷しました。

日本軍は、英国領の香港を陥落しました。

1942年1月20日、ドイツの高官15人は、ヴァンゼー湖のほとり、ベルリンの高級住宅街にある大邸宅で会議を行い、「ヨーロッパのユダヤ人問題に対する最終的解決」を話し合い、ヨーロッパのすべてのユダヤ人を意図的に慎重に計画的に抹殺することを決定しました。
ドイツは、全ヨーロッパのユダヤ人を絶滅させることを正式に宣言しました。
ユダヤ人の絶滅を行ったのは、ベラルーシのマリィ・トロステネツ強制収容所、ポーランドのアウシュヴィッツ=ビルケナウ強制収容所、ソビボル強制収容所、トレブリンカ強制収容所、ベウジェツ強制収容所、ヘウムノ強制収容所、マイダネク(ルブリン)強制収容所です。
数百万人のユダヤ人が殺害されました。

1942年1月25日、ヒトラーは、ユダヤ人をドイツ占領地のポーランド南部オシフィエンチム市にあるアウシュヴィッツ=ビルケナウ強制収容所への移送を命令しました。

1942年2月15日、日本軍は、英国領のシンガポールを陥落しました。

1942年4月18日、航空母艦ホーネットと航空母艦エンタープライズから発進したB-25双発爆撃機ミッチェル16機が、太平洋戦争で初めて日本本土(東京、横須賀、横浜、名古屋、神戸等)を爆撃しました。
日本本土爆撃を終えたB-25双発爆撃機ミッチェルのうち15機は中国大陸に不時着して放棄されました。
残りの1機は、ソビエト連邦支配地域に不時着して、搭乗員は抑留されました。

1942年5月4~8日、珊瑚海に進出する日本海軍の計画を知った米国海軍が、先に進出し、航空機で日本の空母部隊を空襲し、日本海軍が航空機で米国の空母部隊を捕捉し、空襲しました。
日本海軍は、空母祥鳳、駆逐艦菊月、掃海艇3隻が沈没し、空母翔鶴、駆逐艦夕月、敷設艦沖島が損傷し、航空機97機を失いました。
米国海軍は、空母レキシントン、油槽船ネオショー、駆逐艦シムスが沈没し、空母ヨークタウンが損傷し、航空機69機を失いました。

1942年5月27日、亡命チェコ軍人がラインハルト・ハイドリヒ暗殺を実行しました。
1942年6月4日、ラインハルト・ハイドリヒは死去しました。

1942年5月、連合国軍はビルマから総退却し、日本軍はビルマ全域を占領しました。
日本は、アメリカがビルマを経由して中国に物資輸送するルートを閉鎖しました。

1942年6月5日から7日、日本海軍とアメリカ海軍がミッドウェー海で交戦し、日本海軍はアメリカ海軍に敗北しました。
日本海軍は、航空母艦赤城、航空母艦加賀、航空母艦蒼龍、航空母艦飛龍、重巡洋艦三隈が沈没し、重巡洋艦最上、駆逐艦荒潮が損傷し、航空機289機を失いました。
アメリカ海軍は、航空母艦ヨークタウン、駆逐艦ハムマンが沈没し、航空機150機を失いました。

1942年11月26日、ノルウェー秘密国家警察・クヌート・ロッドは、警官とタクシー運転手らによって、ノルウェーに住むユダヤ人全員をオスロ港へと強制移送し、「ドナウ号」でアウシュヴィッツへ強制移送しました。

1943年1月14~23日、アメリカ大統領フランクリン・ルーズベルトとイギリス首相ウィンストン・チャーチルは、モロッコのカサブランカで会談し、ドイツ、イタリアと日本に対して無条件降伏を要求すること、ビルマにおける本格的に反攻することなどに合意しました。

1943年7月4日から8月27日、ドイツ軍とソ連軍がクルスクで交戦し、ドイツ軍はソ連軍に敗北しました。

1943年8月、ネルソン・マンデラは、アレクサンドラで、バス料金の値上げに抗議し、バス・ボイコットの大行進に参加します。
映画「マンデラ 自由への長い道」

1943年9月8日、イタリアは、連合国に降伏しました。

1943年11月22~26日、アメリカ合衆国大統領フランクリン・ルーズベルト、イギリスの首相ウィンストン・チャーチル、中華民国国民政府主席蒋介石がエジプト王国のカイロで会談を行い、連合国が日本の無条件降伏まで戦うこと、満州・台湾・澎湖島等を中華民国に返還することを提示し、中華民国が日本と単独講和をしないようにしました。
ヨーロッパでの戦局を有利に導くためには、中国の戦争からの脱落を防ぎ、日本軍が中国を攻撃することで、日本軍が太平洋やインドで大規模な攻撃をできないようにしました。

1943年11月28日~12月1日、アメリカ合衆国大統領フランクリン・ルーズベルト、イギリスの首相ウィンストン・チャーチル、ヨシフ・スターリンソ連議長が、イランのテヘランで会談を行い、ビルマ奪回作戦、ノルマンディー上陸作戦などの連合国側の作戦における各国間の調整を行い、ポーランド国境の確定、ドイツ降伏後のソ連の対日参戦も話し合いました。

1944年4月7日、アルフレートとヴァルターは、アウシュヴィッツ=ビルケナウ強制収容所の記録を持って、アウシュヴィッツ=ビルケナウ強制収容所から逃走するために、アウシュヴィッツ=ビルケナウ強制収容所で、身を隠します。

1944年4月10日、アルフレートとヴァルターは、アウシュヴィッツ=ビルケナウ強制収容所からの脱出に成功しました。

1944年4月27日、アルフレートとヴァルターは、「アウシュヴィッツ・レポート」を書き上げました。

1944年6月、「アウシュヴィッツ・レポート」は、公開されました。

1944年5月、イギリス陸軍内にユダヤ人旅団が編成されました。

1944年6月4日、ニューヨークタイムズが、ガス室について説明し、ユダヤ人が処刑されていると報じました。

1944年6月5日、イギリス第6空挺師団、アメリカ第82、第101空挺師団がノルマンディー一帯に降下作戦を開始し、橋を確保し、砲台陣地を破壊し、ドイツの反撃を阻止しました。

1944年6月6日、米国とイギリスは、100万人を超える兵士で、ノルマンディー上陸作戦を行い、1日で上陸を果たしました。

1944年7月23日、ソ連軍は、マイダネク(ルブリン)強制収容所を開放しました。

1944年8月25日、連合軍は、パリを含むフランスを開放し、フランスにヴィシーを首都とするドイツの傀儡政権であるヴィシー政権を打倒しました。

1945年1月27日、ソ連軍は、アウシュヴィッツ=ビルケナウ強制収容所を開放しました。

1945年1月30日~2月3日、アメリカのエドワード・ステティニアス国務長官とイギリスのウィンストン・チャーチル首相が、マルタ共和国のマルタで会談し、ソ連軍が中央ヨーロッパまで前進することは望ましくないと言うことで合意し、ホロコーストによる数百万人の難民をどうするについて話し合い、ソ連とのヤルタ会談の事前会談になりました。

1945年2月4~11日、アメリカ合衆国大統領フランクリン・ルーズベルト、イギリスの首相ウィンストン・チャーチル、ヨシフ・スターリンソ連議長が、ソ連クリミア自治ソビエト社会主義共和国のヤルタ近郊のリヴァディア宮殿で会談し、イギリス・アメリカ・フランス・ソ連の4カ国によるドイツの分割統治、ポーランド人民共和国の国境策定、エストニア・ラトビア・リトアニアのバルト三国の処遇などの東欧諸国の戦後処理が取り決められました。
国際連合の投票方式について、イギリス・アメリカ・フランス・中華民国・ソ連の5カ国の拒否権を認めました。
アメリカとソ連の間でヤルタ秘密協定を締結し、ドイツ敗戦後90日後のソ連対日参戦、および千島列島・樺太・朝鮮半島・台湾などの日本領土の処遇も決定し、北方領土問題の発端となりました。

1945年2月19日、アメリカ軍は、硫黄島への上陸作戦を始めました。
1945年3月17日、アメリカ軍は、硫黄島を制圧しました。

1945年4月11日、アメリカ軍は、ブーヘンヴァルト強制収容所を解放しました。
1945年4月15日、イギリス軍は、ベルゲン・ベルゼン強制収容所を解放しました。
アンネ・フランクは、ベルゲン・ベルゼン強制収容所で死亡していました。

1945年4月25日、アメリカ軍は、前田高地への攻撃を開始しました。

1945年4月29日、アメリカ軍は、ダッハウ強制収容所を解放しました。
1945年4月30日、アドルフ・ヒトラーは、総督官邸の地下壕で自殺しました。

1945年5月6日、アメリカ軍は、前田高地を制圧しました。

1945年5月7日、ドイツは、連合国に無条件降伏しました。
1945年5月9日、イギリス領チャンネル諸島を占領していたドイツ軍は降伏しました。

1945年5月27日、沖縄守備軍は、首里を放棄し、南部への撤退を開始しました。
1945年6月23日、牛島満司令官達が自決しました。
1945年7月2日、アメリカ軍は、沖縄戦終了を宣言しました。

1945年7月16日、アメリカのニューメキシコ州ソコロの南東48kmの地点にあるアラモゴード砂漠のホワイトサンズ射爆場において人類史上初の核実験「トリニティ」が実施されました。

1945年7月17日~8月2日、アメリカ合衆国大統領フランクリン・ルーズベルト、イギリスの首相ウィンストン・チャーチル、ヨシフ・スターリンソ連議長が、ソ連占領地域となったポツダムで会談し、第二次世界大戦の戦後処理を決定しました。
ポツダム宣言には、「日本政府が全日本軍の即時無条件降伏を宣言し、またその行動について日本政府が十分に保障することを求める。これ以外の選択肢は迅速且つ完全なる壊滅があるのみである」と記述されています。
原子爆弾の準備ができたから、日本に投下するということです。

1945年8月6日、アメリカ軍は、日本の広島市に原子爆弾を投下しました。
1945年8月9日、アメリカ軍は、日本の長崎市に原子爆弾を投下しました。

1945年8月14日、日本は、ポツダム宣言を受諾しました。

1945年8月15日、日本は、昭和天皇による玉音放送をもって、ポツダム宣言受諾を全国民と全軍に表明し、連合国に降伏しました。

1945年9月2日、日本は、ポツダム宣言に調印・即時発効(降伏文書)によって第二次世界大戦は終結しました。

1945年9月7日、沖縄守備軍は、降伏しました。

1961年4月11日、アドルフ・アイヒマンは、「人道に対する罪」「ユダヤ人に対する犯罪」および「違法組織に所属していた犯罪」などの15の犯罪で起訴され、裁判が始まりました。
映画「スペシャリスト 自覚なき殺戮者」映画「ハンナ・アーレント」

1961年12月15日、アドルフ・アイヒマンは、すべての訴因で有罪が認められた結果、死刑の判決が下されました。

1962年6月1日、アドルフ・アイヒマンは、ラムラ刑務所で絞首刑が執行されました。

感想

ノルマンディ上陸作戦を体験する臨場感

原題は「Saving Private Ryan」は、「ライアン二等兵の救助」という意味です。
邦題「プライベート・ライアン」は、「プライベート」 とはアメリカ陸軍の階級名称では一番下の二等兵を表し、「ライアン二等兵」という意味です。
原題の方が、邦題より映画を良く表しています。

映倫区分は「なし」なので、どなたでも鑑賞することはできます。
ノルマンディー上陸作戦等の戦場をリアルに描いているので、残酷な描写があります。
戦争映画を鑑賞し慣れている人にならお勧めできます。
戦争映画を鑑賞し慣れていない人には、ある程度の覚悟が必要です。
午前10時の映画祭14で上映されますし、可能であれば、映画館で鑑賞した方が良い映画です。

ノルマンディー上陸作戦とナイランド兄弟の実話を基に製作されたフィクションですが、実話を忠実に再現しています。
ノルマンディー上陸作戦とナイランド兄弟について、知っていると物語を理解しやすいです。
ソウル・サバイバー・ポリシーは、国防総省指令の「生存者のための特別分離政策」と言われ、ある兵士が軍務により家族の他のメンバーを失った場合、その生存している兵士を徴兵または戦闘任務から守って生存させることを目的として作られた米軍の規則です。
ジェームズ・フランシス・ライアン二等兵を救出するというのは、ソウル・サバイバー・ポリシーを理解していると納得できます。
ノルマンディー上陸作戦や戦争について、知りたい人にはお勧めです。

物語は、時系列が前後することはほぼないので、分かりやすいです。
戦争映画は、登場人物が多く、同じ軍服を着用し、ヘルメットを被り、同じ様な髪型なので、登場人物を見分けるのが大変です。
ジェームズ・フランシス・ライアン二等兵を救出に行く兵士たちだけでも区別できないと物語が理解できません。

ジョン・H・ミラー中隊長は、トム・ハンクスが演じるジェームズ・フランシス・ライアン二等兵を救出に行く兵士たち率いる指揮官で、多くの映画に出演している有名俳優で、指揮官ということから顔を覚えます。
マイケル・ホーヴァス一等軍曹は、トム・サイズモアが演じるジェームズ・フランシス・ライアン二等兵を救出に行く兵士たち率いる副官で、ジョン・H・ミラー中隊長とよく話すということから顔を覚えます。
ダニエル・ジャクソン二等兵は、バリー・ペッパーが演じるジェームズ・フランシス・ライアン二等兵を救出に行く狙撃手で、敬虔なクリスチャンで首に十字架をかけていて、十字架にキスをするし、狙撃するシーンで顔を覚えます。
スタンリー・メリッシュ二等兵は、アダム・ゴールドバーグが演じるジェームズ・フランシス・ライアン二等兵を救出に行く兵士で、ユダヤ系アメリカ人で、特徴的な口ひげで顔を覚えます。
エイドリアン・カパーゾ二等兵は、ヴィン・ディーゼルが演じるジェームズ・フランシス・ライアン二等兵を救出に行く兵士で、映画「ワイルド・スピード」で有名な俳優なので、顔と体格の良さで覚えます。
アーウィン・ウェイド四等衛生兵は、ジョヴァンニ・リビシが演じるジェームズ・フランシス・ライアン二等兵を救出に行く衛生兵なので、ヘルメット等に赤十字のマークがついているし、救助活動をするシーンで顔を覚えます。
リチャード・ライベン一等兵は、エドワード・バーンズが演じるジェームズ・フランシス・ライアン二等兵を救出に行く兵士で、小銃を海に捨て、海岸で他の兵士の小銃を拾って使用しているので、他の兵士とは異なる小銃を使用し、兵士の中では身長が高いということから顔を覚えます。
ティモシー・アパム五等技能兵は、ジェレミー・デイビスが演じる地図作成や情報処理を担当していましたが、ドイツ語とフランス語を話せるため、通訳として、ジェームズ・フランシス・ライアン二等兵を救出に行く兵士になり、実戦経験はなく、色々なことを知らずに、質問するので、兵士の中では浮いた存在ということから顔を覚えます。
ジェームズ・フランシス・ライアン二等兵は、青年時をマット・デイモンが演じ、壮年時をハリソン・ヤングが演じる人ですが、マット・デイモンは映画「ボーン・アイデンティティー」、映画「ボーン・スプレマシー」、映画「ボーン・アルティメイタム」と映画「ジェイソン・ボーン」で有名な俳優なので、顔で覚えます。

戦争に行ったことがない人が、感情移入しやすい人物は、ティモシー・アパム五等技能兵です。
ティモシー・アパム五等技能兵の言動を通して、戦場で友情は芽生えないし、戦場で綺麗ごとは通用しないし、戦場で正しいと思った行動が間違った結果になることを経験するということです。

米国の地名(アイオア州とミネソタ州)、フランスの地名(ノルマンディー米軍英霊墓地、オハマ・ビーチ、ユタ・ビーチ、ヌーヴィル村、カーン、ヴァローニユ、シェルブールとパリ)と英国の地名(ポーツマス)、ドイツの地名(ベルリン)とニューギニアが出てくるので、地名を知らない人は、地名を調べておくと物語が理解しやすいです。
ジェームズ・フランシス・ライアン二等兵がいるとされるラメルは、メルデレ川にかかる橋があるとされる架空の村です。

多くの伏線が張り巡らされ、見事に回収されるので、よくできた物語です。
戦場での兵士の会話は、死と隣り合わせなので、緊張感もあり、緊張感を和らげさせるために、面白くもあります。

まとめ

次は「天地創造」を鑑賞する予定です。
ご期待ください。

以上、最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

面白いと思った方は、クリックして、応援してね!
にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ

にほんブログ村 シニア日記ブログへ   にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ